益若つばさ、38歳の誕生日ショットに「信じられない」と反響! 最初の祝福は「まさかの息子でした!笑」

モデルの益若つばささんが、10月13日に自身のInstagramを更新。同日に38歳の誕生日を迎えたことを報告し、「38には到底見えません」と反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:益若つばささん公式Instagramより)

モデルの益若つばささんが、10月13日に自身のInstagramを更新。同日に38歳の誕生日を迎えたことを報告しました。

【実際の投稿:益若つばさ、かわいすぎる誕生日ショット】
 

「38歳なんて信じられない」

益若さんは「38歳になった!おうち可愛くしてもらった わいわい! お祝いしてください」とつづり、2枚の写真を投稿。ハートの風船や「Happy Birth day」の文字が装飾された壁を背景にした最新ショットを公開しました。

1枚目ではボーダー柄のタンクトップを着用した姿でウインクをするショットを、2枚目では恐竜の着ぐるみを着たバックショットを載せています。「1番最初に0:00にLINEくれたのはまさかの息子でした!笑 最高!!!」と、15歳の息子とのほっこりとしたエピソードも明かしました。

ファンからは「年齢と顔が全然合ってないくらい美人さん」「38歳なんて信じられない」「38には到底見えません」「日本一かわいい38歳」と、若々しい姿に称賛の声が多く寄せられました。
 

多方面で活躍中

益若さんは高校生の頃から読者モデルとして雑誌に出始め、以降カリスマモデルとしてバラエティ番組などにも多く出演。現在はモデル業のほかにもカラーコンタクトなど美容関連商品のプロデュースも行い、多方面で活躍しています。今後の活動も楽しみですね。

【こちらも読む→益若つばさ、ロングヘアをばっさりカットし金髪ショートに!
 

>次ページ:益若つばささんのほかの投稿も見る

【益若つばささんのフォトエッセイをチェック!】
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」