「やばい鼻血出そう」上西怜、“身長差約15センチ”のペアグラビアショット公開! 「待って天使過ぎ」

NMB48の上西怜さんが、10月11日に自身のInstagramを更新。同グループの黒田楓和さんとのペアグラビアショットを公開しました。(サムネイル画像出典:上西怜さん公式Instagramより)

NMB48の上西怜さんが、10月11日に自身のInstagramを更新。雑誌『BUBKA』11月号(白夜書房)のグラビアショットを公開しました。

【実際の投稿:上西怜、黒田楓和とのグラビアオフショット】
 

「待って天使過ぎ」

上西さんは「発売中の『#BUBKA』さんにて黒田楓和ちゃんとのグラビアを掲載していただいてます」「珍しいペアなのでぜひ、ここでしか見れない2人を見つけれーちゃんしてください」とつづり、3枚の写真を投稿。

上西さんは白の、黒田さんは黒の水着姿のオフショットを公開しました。かなり布面積が少なく、2人の抜群のスタイルが際立って見えます。上西さんは154.5センチ、黒田さんは170センチと約15センチの身長差もあって、それぞれに違った魅力を感じられる写真です。

ファンからは「怜ちゃんの方が小柄なのにオッパイは立派」「待って天使過ぎ」「お美しい」「白黒・身長のコントラスト」「やばい鼻血出そうだ!」「可愛い!NMBのグラビア最強ペア!!」など、称賛の声が多く寄せられました。
 

別衣装バージョンも公開

上西さんは9月29日にも同誌のグラビアショットを投稿。オフショットや表紙カットを含めた7枚の写真では別衣装を着用した姿も公開しているので、気になった人はぜひチェックしてみてください。

【こちらも読む→上西怜、“脱ぎかけ”ニットから美谷間あらわなグラビアショット
 

>次ページ:9月29日に投稿したグラビアショットも見る

【上西怜さんの写真集をチェック】
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応