「久世福商店うまいもの総選挙」1万1203票から選ばれたのは? 調味料部門1位は旨さじわっとあふれる……

しずおかオンラインが運営する生活総合情報メディア『くふうLive!』は、久世福商店の10周年を記念し、「久世福商店うまいもの総選挙」を開催。各部門で1位に輝いた商品を紹介します。(サムネイル出典:プレスリリース)

久世福商店
久世福商店(画像出典:プレスリリース
しずおかオンラインが運営する生活総合情報メディア『くふうLive!』は、久世福商店の10周年を記念して、コラボレーションイベント「久世福商店うまいもの総選挙」を開催。

『くふうLive!』の“久世福商店マニア”と編集部、そして久世福商店のスタッフがノミネートした5部門、計20商品を対象に実施した、一般の方々による人気投票の結果を紹介します!(投票期間は2023年9月1日~17日、合計1万1203票を集計)
 

「久世福商店うまいもの総選挙」各部門のNo.1商品はこちら!

【だし部門】
風味豊かな 万能だし
風味豊かな 万能だし
だし部門の第1位に輝いたのは「風味豊かな 万能だし」(1299票)でした。

こだわりのかつお節粉末と削り節をベースに、さば節やいりこ、焼きあご、日高昆布などがバランスよく配合されています。

累計販売個数380万個を突破しているだけあり、総選挙初日からトップを独走。ノミネートされた20品のなかでも、最多投票を獲得したという大人気商品です。


【ごはんのお供部門】
 
大人のつなつなめんたい
大人のつなつなめんたい

ごはんのお供部門の第1位は「大人のつなつなめんたい」(1050票)でした。

びんながまぐろのツナフレークに辛子明太子を加え、辛みをしっかり効かせた大人のためのフレークです。「熱々のごはんにのせて食べるのがおすすめ」と同店スタッフ。

総選挙最終日まで、「ゴロゴロほぐし焼鯖」と「七輪手焼き 国産鶏の炭火焼き」と三つどもえの勝負を繰り広げるなか、見事No.1を勝ち取ったという商品です。


【パンのお供部門】
 
北海道産小豆のあんバター
北海道産小豆のあんバター

パンのお供部門の第1位は「北海道産小豆のあんバター」(979票)という結果に。

北海道産の小豆から作ったあんこと、まろやかなバターの風味が特徴的な一品です。中間発表では「パンに塗るピーナッツ」と僅差の勝負でしたが、最後に投票数を伸ばし、1位を獲得したといいます。


【調味料部門】
 
香味万能ねぎ塩だれ
香味万能ねぎ塩だれ

調味料部門の第1位に輝いたのは「香味万能ねぎ塩だれ」(656票)。

長ネギ、ニンニク、ショウガといった香味野菜をふんだんに使用した、旨さあふれるねぎ塩だれです。“一瓶でたくさんの料理が生み出せる万能さ”が魅力の同商品は、総選挙初日から1位の座を独占したまま、調味料部門の頂点に到達したというほど圧倒的な人気を誇ります。


【隠れ名品部門】
 
さつま芋チップス 素揚げ
さつま芋チップス 素揚げ

隠れ名品部門の第1位は「さつま芋チップス 素揚げ」(656票)でした。

国産のさつま芋と油、砂糖だけのシンプルな素材で作ったチップスで、パリパリとした歯触りと、さつま芋の素朴な味が人気の秘密。

総選挙期間中、新食感のりんごスナック「りんごっくる」とトップの座を競い合った結果、僅差で1位に輝いたといいます。


【自由投票部門】
 
牛乳と混ぜる いちごミルクの素
牛乳と混ぜる いちごミルクの素

ノミネート外の商品から人気No.1を決める自由投票部門では、「牛乳と混ぜる いちごミルクの素」が129票を集め、最多得票を獲得しました。

果実の配合率50%以上と、2種類のいちごをたっぷり使用した一品。いちごをまるごと砂糖と煮込み、バニラビーンズペーストを加えて作ったこの商品を使えば、牛乳と混ぜるだけで、簡単に「いちごミルク」ができあがります。

投票者からは、「牛乳に混ぜる以上に、ヨーグルトに混ぜて食べるのが好きです!」といった、アレンジを楽しむ声も寄せられています。


この記事の筆者:柿崎 真英 プロフィール
2019年よりフリーランスライター・エディターとして活動。月刊誌やニュースサイト編集者としてのバックグラウンドを持つ。現在はローカルメディアでの活動を中心に、エンタメ・トレンド記事なども執筆。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」