えなこ、水着姿でのバックショットに「食い込み感がたまらない」とファン歓喜! 「腰の辺りのカーブは大好物です」

コスプレイヤーのえなこさんは10月3日、自身のInstagramを更新。水着を着用した後ろ姿を披露しました。(サムネイル画像出典:えなこさん公式Instagramより)

コスプレイヤーのえなこさんは10月3日、自身のInstagramを更新。水着を着用した後ろ姿を披露し、反響を呼んでいます。


【実際の投稿:えなこ、水着姿でのバックショットに反響】
 

「ムチっとした感じがいい」

えなこさんは「ちょっと日焼けしたかも」とつづり、1枚のソロショットを投稿。水着を着用した後ろ姿です。美しい背中や尻があらわになっています。

ファンからは「えちぃ!」「背中も色っぽい…」「ムチっとした感じがいい」「ぷにぷに感」「腰の辺りのカーブは大好物です」「食い込み感がたまらない」など、歓喜のコメントが寄せられました。

「海と桃尻 最高です」

9月28日にも水着を着用した後ろ姿を披露していたえなこさん。こちらでも美しい背中や尻があらわになっています。ファンからは「海と桃尻 最高です」「全方位美しいえなこりん」などの反響が寄せられました。今後のセクシーショットにも期待したいですね。

【こちらも読む→えなこ、水着が食い込んだセクシーな美尻ショット
 

>次ページ:えなこさんが9月28日に公開した投稿も見る


【えなこさんの写真集をチェック!】
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化