えなこ、191センチに見えるショット公開で「涙ぐましい努力を感じます」「メッチャ脚の筋肉浮いてるw」と反響!

コスプレイヤーのえなこさんは6月21日、自身のTwitterを更新。身長が191センチに見える写真を公開しました。コメントでは「顔が小っちぇー!かわいー!」と、称賛の声が多数上がっています。(サムネイル画像出典:えなこさん公式Twitterより)

コスプレイヤーのえなこさんは6月21日、自身のTwitterを更新。身長が191センチに見える写真を公開しました。

【実際の投稿:えなこ、身長191センチショット!】
 

「キレイ過ぎてびっくり」

えなこさんは「154cmだけど191cmに見えるように、ヒールを履いて更に背伸びしてます」とつづり、自身の写真を1枚載せています。露出が多いチャイナ服のような衣装を着用した姿です。胸元やおなか、脚があらわになっていて、セクシーな雰囲気が漂っています。また「191cmに見えるように」とのことですが、確かに身長がかなり高いように見えます。

コメントでは、「すごい!!でかい!!って思いましたわ!!」「背伸びメッチャ脚の筋肉浮いてるwww」「涙ぐましい努力を感じます」「美しすぎます!」「顔が小っちぇー!かわいー!」「キレイ過ぎてびっくり」など、さまざまな声が上がりました。
 

21日に写真集を発売

今回の写真は同日発売された写真集『えなこ cosplayer 2』(集英社)のオフショットと思われます。人気作品『ONE PIECE』に登場する人物・ボア・ハンコックのコスプレです。とてもよく似ています。今後もまたオフショットを見せてくれるのか楽しみですね!

 



>次ページ:写真集の表紙も見てみる!
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」