「アメリカの卒アルみたい」ゆきぽよ、AIショットで大変身! 「リアルと変わらん」「本物の方が可愛くないですか」

モデルでタレントの「ゆきぽよ」こと木村有希さんが10月1日、自身のInstagramを更新。AIショットを披露しました。コメントでは「すべてが可愛い」と、称賛の声が上がっています。(サムネイル画像出典:ゆきぽよさん公式Instagramより)

モデルでタレントの「ゆきぽよ」こと木村有希さんが10月1日、自身のInstagramを更新。AIショットを披露しました。
 

【実際の投稿:ゆきぽよ、AIショット披露!】
 

>ゆきぽよ(木村有希)さんのプロフィール情報はこちら

「全部違和感無さすぎる」

ゆきぽよさんは「流行ってるやつ AIすごーい」とつづり、自身のAIアバター9枚を載せています。さまざまなコーディネートに身を包み、ポーズを決める姿などです。とてもきれいで、日本人離れした雰囲気が漂っています。ただ、元のゆきぽよさんが美しいだけに違和感は感じません。

コメント欄では「違和感が全然無いから、AIか何か判別つかない!」「リアルと変わらん」「すべてが可愛い」「全部違和感無さすぎる」「めちゃ綺麗!」「アメリカの卒アルみたい笑」「フルハウスっぽい」と、さまざまな声が寄せられました。
 

「素の方が可愛い」の声も

今回、AI化した自身の姿を公開したゆきぽよさん。とても美しく写っていますが、日頃Instagramで公開している姿と比較すると、元の方がかわいらしくも見えます。実際にコメントでは、「本物の方が可愛くないですか…?!」「AIよりも 素の方が可愛いって結果出るのが凄い」といった声が多数上がりました。加工していない写真の方が美しく見えるだなんて、とても珍しいことです。今後も、ゆきぽよさんのすてきなショットに期待したいですね!
 



>次ページ:ゆきぽよさんの普段の表情も見る

【ゆきぽよさんの写真集や著書をチェック!】
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」