「実家を出たい」年収200万円・42歳フリーランス女性。現在「ほぼ貯金できていない」事情を明かす

All Aboutニュース編集部は、現在実家暮らしをしている人を対象に、毎月の生活費や貯金額に関するアンケート調査を実施。本記事では神奈川県横浜市在住・42歳女性のエピソードを紹介します。

神奈川県横浜市在住・42歳女性のエピソード
神奈川県横浜市在住・42歳女性のエピソード
実家暮らしを選ぶ理由は人それぞれ。経済的な事情、自身の体調、親の介護など、さまざまな事情を抱えている場合もあります。中には、やむを得ない事情で実家で暮らしている人もいるようです。

All About ニュース編集部は、2023年9月11〜14日の期間、現在実家暮らしをしている人を対象にアンケート調査を実施。毎月の生活費や貯金額、実家暮らしをしている理由などを聞きました。

今回は、神奈川県横浜市在住・42歳女性のエピソードを紹介します。
 

回答者のプロフィール&実家の状況

回答者本人:42歳女性
在住:神奈川県横浜市
同居人数:母親、自分
世帯年収:母親0円、自分200万円
実家の間取り:2DK(持ち家)
職業:フリーランス
 

生活費や貯金額は?

実家に入れている生活費:2万円
交際費:5000円
毎月のお小遣い:1万円
毎月の貯金額:ほぼ貯金できていない
貯金総額:500万円

総務省統計局が発表した「家計調査報告 家計収支編(2021年)」によると、35〜59歳女性の1カ月の平均消費支出は16万4749円です。そのうち、住居費の平均は2万5360円。ただし、家賃などは地域や条件によって異なるため、住居費を除いた約14万円程度が回答者の属性に近い平均生活費ということになります。

回答者に、実家を出る予定について聞くと「ある」と回答し、「来年くらいには実家を出たい」と話しました。恋愛や結婚願望については「ある」とし、「一人でいてもいいのか、時々不安になる」と不安な胸の内を明かしました。
 

コロナ禍でメンタルを崩し「やむを得ず実家にいる状態」

現在、実家暮らしを選択している理由は、「以前は一人暮らしをしていたが、コロナ禍でメンタルを崩し、休職。一旦実家に戻った」と実家暮らしに至った経緯を語りました。

また、「本当はまた一人暮らしをしたいが、今の体調では一人暮らしするほどの額は働けず、やむを得ず実家にいる状態。賃料が高すぎて、とてもそれだけ稼げない」と続けました。

実家には多少のお金を入れ、畑で作った野菜を現物支給

実家暮らしで苦労していることを聞くと、「実家にいると肩身が狭い」と話した回答者。

「上の世代から一人暮らしで(もしくは結婚して)一人前という嫌味を時々言われるが、就職氷河期世代はスタートでつまずいているのを理解してもらえない」と肩身が狭い思いをしている状況について語りました。

「住んでいる地域もガサガサしたところなので、本当は緑が多い所に暮らしたい」と、現在住んでいる地域とは別の場所で1人暮らしがしたいという願望もあるようです。

一方、実家暮らしをするうえでお金に関する悩みについては、「今の所、多少のお金を入れることと、畑で作った野菜を現物支給していることで、なんとかなっていると思う」と回答しました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:福島 ゆき プロフィール
アニメや漫画のレビュー、エンタメトピックスなどを中心に、オールジャンルで執筆中のライター。時々、店舗取材などのリポート記事も担当。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は5年。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応