「このまま相続する予定」36歳女性、年収450万円、実家暮らし。強制的に貯金をする工夫で貯めた額は?

All Aboutニュース編集部は、現在実家暮らしをしている人を対象に、毎月の生活費や貯金額に関するアンケート調査を実施。本記事では千葉県千葉市在住・36歳女性のエピソードを紹介します。

千葉県千葉市在住・36歳女性
千葉県千葉市在住・36歳女性のエピソード
実家暮らしを選択する理由は、人によってさまざまです。その一方、コロナ禍において働き方が変わったことで、改めて1人暮らしか実家暮らしかの選択をした人もいるようです。

All About ニュース編集部は、2023年9月11〜14日の期間、現在実家暮らしをしている人を対象にアンケート調査を実施。毎月の生活費や貯金額、実家暮らしをしている理由などを聞きました。

今回は、千葉県千葉市在住・36歳女性のエピソードを紹介します。
 

回答者のプロフィール&実家の状況

回答者本人:36歳女性
在住:千葉県千葉市
同居人数:両親、自分
世帯年収:両親500万円、自分450万円
実家の間取り:3LDK
職業:会社員
 

生活費や貯金額は?

実家に入れている生活費:4万5000円
交際費:2万5000円
毎月のお小遣い:5万円
毎月の貯金額:3万円
貯金総額:500万円

総務省統計局が発表した「家計調査報告 家計収支編(2021年)」によると、35〜59歳女性の1カ月の平均消費支出は16万4749円です。そのうち、住居費の平均は2万5360円。ただし、家賃などは地域や条件によって異なるため、住居費を除いた約14万円程度が回答者の属性に近い平均生活費ということになります。

回答者に、実家を出る予定について聞くと「ない」と答え、理由については「そのまま相続する予定」と話しました。また、恋愛や結婚願望については「ある」とし、「現在恋人がいる」ことを明かしました。
 

コロナ禍でテレワークがメインに「そのまま実家で」

現在、実家暮らしを選択している理由には、「コロナ禍以前に一人暮らしを始める予定でしたが、コロナによりテレワークがメインとなりました。わざわざ都内に高額な家賃を払ってまで住む必要が無くなり、特に不便を感じることも無いためそのまま実家で暮らしています」と話しました。

ちょうど1人暮らしを始めようというタイミングで、新型コロナウイルスの感染拡大により働き方が変わったため、実家暮らしに切り替えたケースもあるようです。

実家暮らしでも「強制的に貯金」ができる工夫

実家暮らしで苦労していることを聞くと、「日中仕事をしている私と、定年退職済みで時間に縛りのない生活の両親とで生活リズムが異なることです」と話します。

さらに「私が翌日の仕事のために早く寝ていても、夜型生活な両親はまだ起きていることが多く、生活音が気になってなかなか寝れない場合があります」など、両親との生活リズムの違いが気になることを明かしました。

実家暮らしをするうえでお金に関する悩みについては、「自由に使えるお金が多いため、ついつい使いすぎてしまうこと」を挙げました。続けて、実家暮らしで経済的に余裕がある分、きちんと貯金ができる工夫として「強制的に貯金ができるように口座を分けて管理するようにしています」と、話しました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:福島 ゆき プロフィール
アニメや漫画のレビュー、エンタメトピックスなどを中心に、オールジャンルで執筆中のライター。時々、店舗取材などのリポート記事も担当。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は5年。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化