「東京よりいい」年収400万円・43歳の会社員女性。実家暮らしの生活が「断然快適」と話す理由

All Aboutニュース編集部は、現在実家暮らしをしている人を対象に、毎月の生活費や貯金額に関するアンケート調査を実施。本記事では長野県北佐久郡在住・43歳女性のエピソードを紹介します。

長野県北佐久郡在住・43歳女性のエピソード
長野県北佐久郡在住・43歳女性のエピソード
実家暮らしを選択する理由は、人によってさまざまです。中には、1人暮らしを経たうえで、実家での生活を選ぶ人もいます。

All About ニュース編集部は、2023年9月11〜14日の期間、現在実家暮らしをしている人を対象にアンケート調査を実施。毎月の生活費や貯金額、実家暮らしをしている理由などを聞きました。

今回は、長野県北佐久郡在住・43歳女性のエピソードを紹介します。
 

回答者のプロフィール&実家の状況

回答者本人:43歳女性
在住:長野県北佐久郡
同居人数:両親、自分、弟
世帯年収:父親250万円、母親250万円、自分400万円、弟500万円
実家の間取り:6LDK
職業:会社員
 

生活費や貯金額は?

実家に入れている生活費:3万円
交際費:1万円
毎月のお小遣い:3万円
毎月の貯金額:3万円
貯金総額:答えたくない

総務省統計局が発表した「家計調査報告 家計収支編(2021年)」によると、35〜59歳女性の1カ月の平均消費支出は16万4749円です。そのうち、住居費の平均は2万5360円。ただし、家賃などは地域や条件によって異なるため、住居費を除いた約14万円程度が回答者の属性に近い平均生活費ということになります。

回答者に、実家を出る予定について聞くと「ない」と回答。その理由については「東京に長年いて実家に戻ったので、基本的にないです」と話し、東京での1人暮らしを経たうえで現在の実家暮らしに至ったことを明かしました。

また、恋愛や結婚願望については「どちらともいえない」とし、「恋愛に興味がないわけでもないけど、結婚するのが面倒」と続けました。
 

「親元でゆっくり暮らしたいなと思った」

現在、実家暮らしを選択している理由は、「長年、東京で働いていましたが、親が高齢ということもあり、実家に戻ることにしました」と話します。「元々、結婚もしていないし、その当時勤めていた会社のトップとの価値観のズレも感じて疲れていたので、親元でゆっくり暮らしたいなと思ったのが理由です」とのこと。

実家に戻ることは、両親が高齢であることに加えて、職場で感じていたストレスなど本人の状況ともタイミングが合致した選択であったようです。
 

実家暮らしは「今の方が断然快適です」

実家暮らしで苦労していることは「ほとんどないです」と回答。

「快適です。長年、一人暮らしだったので、今の方が断然快適です」と話し、「強いて言えば、就寝時間が早いこと、部屋を片付けてないと少し文句を言われること、東京になかなか遊びに行く頻度が減ることくらいです」と続けました。
 

「貯金できているので東京よりいいくらい」

実家暮らしをするうえでお金に関する悩みは、「東京で勤めていた会社のお給料が良かったので、前年の住民税が高くて大変というくらいです。車社会なので、その点に関してはお金がかかるかなという感じです」と話したものの、「逆に貯金できているので東京よりいいくらいです」と、今の実家暮らしは経済的にも以前に比べて楽だと感じていることを明かしました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:福島 ゆき プロフィール
アニメや漫画のレビュー、エンタメトピックスなどを中心に、オールジャンルで執筆中のライター。時々、店舗取材などのリポート記事も担当。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は5年。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望