「写真集かと」齋藤飛鳥、色っぽすぎる肩出し表紙ショットに絶賛の声! 「ただひたすらに美しい」「ビジュ良すぎ」

元乃木坂46の齋藤飛鳥さんが、9月22日に自身のInstagramを更新。色っぽさがあふれるファッション誌『bis』(光文社)の表紙カットを公開しました。(サムネイル画像出典:齋藤飛鳥さん公式Instagramより)

元乃木坂46の齋藤飛鳥さんが、9月22日に自身のInstagramを更新。表紙を飾ったファッション誌『bis』(光文社)11月号のカットを公開しました。

【実際の投稿:齋藤飛鳥、アンニュイな表情の表紙カット】
 

「あまりの美しさに言葉が出ませんでした」

齋藤さんは「@bis_web 11月号 9/29発売」とつづり、1枚の写真を投稿。肩回りがあらわになったきらびやかなファッションで、アンニュイな表情でカメラを見つめる表紙カットを公開しました。25歳なった齋藤さんの色っぽさと整った顔立ちが際立って見える写真です。

ネット上では「あまりの美しさに言葉が出ませんでした」「大人っぽい表情が最高です!!」「めちゃくちゃ良くて一瞬写真集かと思いました」「まじでビジュ良すぎます」「もうほんとに美しいただひたすらに美しい」など、称賛の声が相次いでいます。
 

9月発売の5誌で表紙

齋藤さんは8日の投稿でファッション誌『ar』(主婦と生活社)の表紙を務めることを報告。以以降、9月発売のファッション誌で表紙を務めることを続々と発表し、今回の投稿で5冊目となりました。それぞれ違った齋藤さんの魅力があふれたショットになっているので、気になった人はぜひチェックしてみてください。
 

>次ページ:齋藤飛鳥さんが飾った表紙カットをもっと見る

【齋藤飛鳥さんの写真集や掲載誌をチェック!】
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」