「ビジュ本当やばい」齋藤飛鳥、透明感あふれるドアップショット公開! 「さすがに可愛すぎません?」

元乃木坂46の齋藤飛鳥さんが、9月8日に自身のInstagramを更新。12日に発売予定のファッション誌『ar』(主婦と生活社)のモデルショットを公開しました。(サムネイル画像出典:齋藤飛鳥さん公式Instagramより)

元乃木坂46の齋藤飛鳥さんが、9月8日に自身のInstagramを更新。表紙を飾ったファッション誌『ar』(主婦と生活社)10月号のカットを公開しました。

【実際の投稿:齋藤飛鳥、透明感あふれるモデルショット】
 

「あまりの可愛さに心臓が止まる! 」

齋藤さんは「@ar_magazine 10月号 9/12発売」とつづり、3枚の写真を投稿。カバーガールを務めた表紙カットを含めたモデルショットを公開しました。3枚とも青みがかったカラーコンタクトを着用。儚げな表情をしたアップショットで、齋藤さんの透明感と整った顔立ちが際立って見える印象です。

ネット上では「あまりの可愛さに心臓が止まる!」「あすちゃんお顔が強すぎますよ」「うっすらブルーアイズホワイト飛鳥ちゃん強えーな!笑」「飛鳥ちゃん透明感やばすぎ」「ビジュ本当やばい」「さすがに可愛すぎません?」など、称賛の声が多く上がっています。
 

9月発売の他2誌でも表紙を担当

齋藤さんはさらに同日11日にもInstagramを更新。9月発売の『東京カレンダー』11月号と『anan』(マガジンハウス)2365号でも表紙を飾ることを明かしています。2023年5月に乃木坂46を卒業してからも活躍を続ける齋藤さん。次の投稿も楽しみですね。
 

>次ページ:齋藤飛鳥さんが表紙を飾った他2誌の写真も見る
【齋藤飛鳥さんの写真集をチェック!】
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望