アニメ『うる星やつら』(1981年版)の好きな声優ランキング! 2位「古川登志夫」、1位は?

All About ニュース編集部は、全国238人を対象に「漫画家・高橋留美子さん」に関するアンケート調査を実施。その中から、アニメ『うる星やつら』(1981年版)の好きな声優ランキングの結果を紹介します!(サムネイル画像出典:Amazon)

うる星やつら TVテーマソング ベスト(画像出典:Amazon)
うる星やつら テレビテーマソング ベスト(画像出典:Amazon
漫画家・高橋留美子さんの代表作である『うる星やつら』。2022年からスタッフ、キャストを一新した新作アニメが放送され、再び注目を集めています。

そこで、All About ニュース編集部は7月31日~8月29日の期間、全国238人を対象に「漫画家・高橋留美子さん」に関するアンケート調査を実施。その中から、アニメ『うる星やつら』(1981年版)の好きな声優ランキングの結果を紹介します!


>6位までのランキング結果を見る
 

第2位:古川登志夫

2位には、諸星あたるの声を演じた古川登志夫さんがランクイン。女好きでアホなことばかりするけれど憎めない「あたる」というキャラクターを見事に確立させた名声優です。ユーモアあふれるシーンやシリアスなシーンなど、場面場面で声色を使い分けるなど、1役でさまざまな表情を見せてくれました。

そんな古川さんは俳優を目指して活動を続けながら、洋画の吹き替えに携わったことをきっかけに、声優としてのキャリアをスタート。これまで『うる星やつら』のほか、『機動戦士ガンダム』シリーズのカイ・シデンや、『ドラゴンボールZ』シリーズのピッコロなど、数多くのキャラクターを演じています。

回答者からは、「いつもちゃらんぽらんで女好きだけどここぞという時に芯のある声で決めてくるところが絶妙です。ドラゴンボールのピッコロと同じ声の人とは思えない」(和歌山県・30代女性)、「この声なくしては、うる星やつらではないというような、優しさと愛嬌(あいきょう)のある声が好きです」(大阪府・40代女性)といった意見が上がりました。
 

第1位:平野文

1位に輝いたのは、ラムの声を演じた平野文さんでした! あたるを一途に愛する天真らんまんな鬼族の少女を、広く愛される存在に押し上げた立役者です。ラムちゃんと言えば、すぐに平野さんのキュートで色気のあるあの声を思い出せる人も多いのではないでしょうか?

平野さんは子役としてキャリアをスタートし、10代の頃から続けていたラジオDJの仕事をきっかけに、声優デビュー。その記念すべきデビュー作が『うる星やつら』のラム役でした。この活躍を機に声優としての知名度を上げ、2023年現在まで数々の作品に携わっています。

回答者からは、「声が特徴的ですし、この声がずっと記憶に残っていて印象的で好きです」(沖縄県・40代男性)、「やっぱりラムちゃん。可愛らしさと色気を兼ね備えた『だっちゃ』は彼女にしかできないと思います。本当に素敵!!」(千葉県・40代女性)などの声が聞かれました。

※回答者のコメントは原文ママです


>次ページ:6位までのランキング結果も見る


この記事の筆者:柿崎 真英 プロフィール
2019年よりフリーランスライター・エディターとして活動。月刊誌やニュースサイト編集者としてのバックグラウンドを持つ。現在はローカルメディアでの活動を中心に、エンタメ・トレンド記事なども執筆。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」