「漫画家・高橋留美子さん」の好きな作品ランキング! 2位『うる星やつら』、1位は?

All About ニュース編集部は7月31日~8月29日の期間、全国238人を対象に「漫画家・高橋留美子さん」に関するアンケート調査を実施しました。回答者が最も多く好きと答えた作品は?(サムネイル画像出典:Amazon)

うる星やつら(画像出典:Amazon)
うる星やつら [2022年版](画像出典:Amazon
(C)高橋留美子・小学館/アニメ「うる星やつら」製作委員会
『うる星やつら』や『犬夜叉』など、大人気作品を数多く世に送り出してきた漫画家の高橋留美子さん。

そんな高橋留美子さんについて、All About ニュース編集部は7月31日~8月29日の期間、全国238人を対象にアンケート調査を実施。その中から、「漫画家・高橋留美子さん」の好きな作品ランキングの結果を紹介します!


>5位までのランキング結果を見る
 

第2位:うる星やつら

2位には、『うる星やつら』がランクイン。1978年から1987年まで『週刊少年サンデー』で連載された人気漫画です。物語は、高校生の諸星あたると宇宙人の鬼娘・ラムの交流を描いたラブコメディー。

1981年からはアニメ放送が開始され、その後劇場版やゲームが制作されるなど、広く愛される作品に。その人気は今なお健在で、2020年11月時点で累計発行部数は3500万部を突破。2022年10月から2023年3月にかけて、スタッフ、キャストを一新した新作アニメも放送されています。

回答者からは、「ドタバタコメディーの王道というか、ラブも少し入っていて、このパターンは高橋留美子先生が作ったのではと思うほど面白い!!」(千葉県・40代女性)のようにストーリー性の高さを評価する声や、「ラムちゃんがカワイイからです」(神奈川県・30代男性)といったラムちゃん人気を表す声も多く聞かれました。
 

第1位:らんま1/2

1位に輝いたのは、『らんま1/2』でした! この作品は、1987年から1996年まで『週刊少年サンデー』で連載されました。物語は、水をかぶると女の子の姿になってしまう高校生の格闘家・早乙女乱馬と、その許婚(いいなずけ)である天道あかねの日常を描いたラブコメディー。

1989年からはテレビアニメが放送されたほか、2011年には新垣結衣さん主演で実写ドラマ化もされました。世代を超えて根強いファンを持つ同作は、2021年6月時点で累計発行部数が5500万部超、さらに20以上の国と地域で翻訳版が販売されるなど、その人気は海を越えて広がっています。

回答者からは、「今までにない設定と魅力的なキャラクターとストーリーが本当に面白いです」(滋賀県・30代女性)、「登場キャラクターがバラエティ豊富で魅力的。絵がキレイ。ギャグ要素の割合が丁度良く、個人的に高橋留美子さんの作品の中で一番好き」(長崎県・30代女性)などの声が聞かれました。

※回答者のコメントは原文ママです


>次ページ:5位までのランキング結果も見る


この記事の筆者:柿崎 真英 プロフィール
2019年よりフリーランスライター・エディターとして活動。月刊誌やニュースサイト編集者としてのバックグラウンドを持つ。現在はローカルメディアでの活動を中心に、エンタメ・トレンド記事なども執筆。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」