『最高の教師』第9話 鵜久森の死の真相が明らかに! 次週最終回、ラスボスはいったい誰だ?

9月16日に放送されたドラマ『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』(日本テレビ系)第9話のストーリーをおさらいしつつ、最終回の見どころに迫ります。(画像出典:『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』公式サイト)

松岡茉優さん主演のドラマ『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』(日本テレビ系)。9月16日に放送された第9話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに最終回の見どころを紹介します。
 

前回(第8話)のあらすじはコチラ

 

最高の教師
画像出典:日本テレビ系『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』公式サイト

 

第9話のあらすじ

鵜久森(芦田愛菜)の事件の日、学校に侵入していた浜岡(青木柚)を問い詰める迫田(橘優輝)たち。浜岡は西野(茅島みずき)に頼まれたからだと回答。その報告を受けた九条里奈(松岡茉優)は、浜岡が鵜久森にとって“誰にも知られたくない何か”を見つけたのではないかと推察。鵜久森が命を燃やして守ろうとしたのは一体何だったのか頭を巡らせます。

里奈と3年D組メンバーは西野から直接話を聞こうとするも、西野と仲の良い野辺(田牧そら)、金澤(田鍋梨々花)の3人は登校せず。もし彼女たちが罪の意識に苛まれ、“最悪の終わり”を選ぼうとしていたら……。里奈は教室を飛び出し、D組全員も手分けして捜索に走ります。

ビルの屋上に立ち最悪の選択をしようとしている3人をD組生徒らが発見。教室に戻り、西野の口から鵜久森の事件の真相が語られます。鵜久森が東風谷(當真あみ)と化学準備室で話している時の隠し撮り映像をネタに呼び出した西野。鵜久森は、西野たちを変えようと強い意志を持って1人で立ち向かっていました。そして揉み合ううちに渡り廊下から転落。最後まで力強いまなざしを向けてきたと語る西野は、鵜久森の死を望んでなんかいなかったと涙を流します。

里奈はそんな西野に近寄ると、「逃げるな!」と一喝。鵜久森亡き今どう償えばいいのか、どう生きればいいのか分からないと嘆く3人に対し、鵜久森が伝えたように生きて変わるのだと説きます。そんな中、全てを映像で見ていた鵜久森の母・美雪(吉田羊)が教室に現れると、許すことはできないが“最悪の終わり”を選ばないでほしい、鵜久森が楽しく学校で過ごしていたことを忘れないでほしいと述懐。西野ら3人はその言葉を受け止め、涙を流し改めて謝罪をするのでした。

 

最高の教師
画像出典:日本テレビ系『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』公式サイト

 

生徒、里奈、鵜久森母の魂の震えるスピーチに感動

ついに鵜久森の事件の真相が明かされた第9話。X(旧Twitter)では生徒、里奈、鵜久森、鵜久森母それぞれの言葉に感動の声が殺到。「(鵜久森の)『誰かを傷つけて笑うことの何が楽しいの』、本当にね、刺さるのよ一言一言」「松岡茉優さんのセリフ良かったなぁ。一生観ていたい」「『そのつもりなかった』で済まされない。ほんとにそうだと思うし、何よりも生徒みんなの表情がめちゃめちゃよかった」「加藤清史郎くんしか目に入ってこなかった。1つ1つの演技が全部惹かれる凄すぎる」などのコメントが寄せられています。

かつて鵜久森を貶めていた側が抱える全ての膿が出されたと思えた一方、卒業式で里奈を突き落としたのが誰なのか気になる展開に。「いよいよ星崎あやしい」「先生突き落としたの星崎じゃなかったら誰ってなる」「なんで1周目で九条先生は突き落とされたんだろう。本気で向き合うっている2周目の方が、そのリスクは高そうなのに」「最終回の展開読めなさすぎ」などのコメントが続出する中、次週いよいよ最終回。

この世界を「変えよう」と、ただひたすら生徒たちと向き合い駆け抜けた里奈。3年D組の生徒たちもまた、1人1人「本気」を解放してきた1年が過ぎ、再び訪れる卒業式の日――。1年前と同じ場所で、里奈が対峙(たいじ)する人物とは? 物語がどんな結末を迎えるのか目が離せません。

 

『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』第10話(最終回) 9月23日放送予告

 

『最高の教師』あらすじ&見どころバックナンバー

第8話 加藤清史郎“相楽”の慟哭謝罪に「演技力やば」の声
第7話 松岡茉優、魂の授業が圧巻! 
第6話 “鵜久森”芦田愛菜に訪れた衝撃ラスト
第5話 “鵜久森”芦田愛菜もタイムリープ側と判明!
第4話 “栖原”窪塚愛流の熱演に「パパそっくり」の声
第3話 土下座で突きつける三行半「スカっとする」の声
第2話 山時聡真、迫真の演技が圧巻!
第1話 松岡茉優×芦田愛菜の圧倒的演技力に絶賛の声

 

この記事の筆者:地子給 奈穂
編集・ライター歴17年。マンガ、小説、雑誌等の編集を経てフリーライターに転向後、グルメ、観光、ドラマレビューを中心に取材・執筆の傍ら、飲食企業のWeb戦略コンサルティングも行う。  

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    実写映画『アラジン』、アニメ版とはどう違う?作品をさらに魅力的にした「改変ポイント」5つを徹底解説

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】