「歴代ジュノンボーイ」の人気ランキング! 2位は「伊藤英明」、1位は?

「タレントパワーランキング supported by DmMiX」を運営するアーキテクトは、「歴代ジュノンボーイ」の人気ランキングを発表しました。気になる結果を見ていきましょう!(サムネイル画像:伊藤英明さん公式Instagramより)

月刊誌『JUNON(ジュノン)』(主婦と生活社)が主催する美男子コンテスト「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」の受賞者は「ジュノンボーイ」と呼ばれ、人気俳優やタレントへの登竜門として知られています。

「タレントパワーランキング supported by DmMiX」を運営するアーキテクトは、「歴代ジュノンボーイ」に焦点を当てたパワーランキングを検証し、9月4日に結果を発表しました。サンプル総数は1100人です。

>12位までのランキング結果
 

2位:伊藤英明


2位には、伊藤英明さんがランクイン。

第6回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで準グランプリを獲得し、芸能界デビューのきっかけをつかみました。その後は俳優として活躍の幅を広げた伊藤さんの代表作には『海猿』(フジテレビ系)シリーズや『病室で念仏を唱えないでください』(TBS系)などがあり、2023年は映画『レジェンド&バタフライ』に出演しました。
 

1位:小池徹平


1位に選ばれたのは、小池徹平さんでした。

小池さんは、第14回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリを獲得。キュートな笑顔で高い好感度があり、「ジュノンボーイ=キュート」というイメージを作ったといわれています。

2002年に俳優デビューすると、ドラマ『ごくせん(第2シリーズ)』(日本テレビ系)や『ドラゴン桜(2005年)』(TBS系)など、数多くの人気作に出演。また、2016年に解散したウエンツ瑛士さんとの音楽デュオ「WaT」ではアイドル的な人気を博しました。


>次ページ:12位までのランキング結果
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」