「2023年夏の甲子園」で印象的だった学校ランキング! 2位「仙台育英」を抑えて1位に選ばれたのは?

「2023年夏の甲子園」で印象的だった学校ランキング! 全国202人を対象に実施したアンケート調査から、2連覇をかけて挑んだ昨年の優勝校、宮城県代表・仙台育英学園高校を抑えた1位は?

「2023年夏の甲子園」で印象的だった学校ランキング
「2023年夏の甲子園」で印象的だった学校ランキング

初戦の「日大山形」(山形)戦から「日大」の名がつく3校を次々と破ってベスト8入りを果たし、“日大クエスト”、“日大キラー”のワードで注目を集めた「おかやま山陽」(岡山)や、1回戦「前橋商業」(群馬)との対戦で、甲子園初勝利に加えて「通信制高校」としても初勝利をあげた「クラーク国際」(北北海道)など、今年も数々の出場校が記憶に残る名試合を繰り広げました。

All About ニュース編集部は、8月24〜27日の期間、全国20〜70代の男女202人を対象に、「2023年夏の甲子園」に関する独自アンケート調査を実施。今回は、「2023年夏の甲子園」で印象的だった学校ランキングを発表します。

>5位までの全ランキング結果
 

2位:仙台育英(宮城)

2位は、宮城県代表・仙台育英学園高校。2022年大会の初優勝に引き続き、高橋煌稀選手(「高」ははしごだか)、湯田統真選手、山田脩也選手など、昨年優勝経験メンバーを含む有力選手がそろうチームで2連覇を目指しました。大阪の履正社など次々と強豪校を打ち破り、今年も決勝に進出。決勝戦で惜しくも慶応義塾高校に敗れ、準優勝という結果を残しました。

回答者からは、「決勝では負けてしまいましたがやはり戦力が揃っており、ピッチャー陣の層の厚さを見ても高校界No.1の実力がありそうだと感じました」(38歳男性/兵庫県)、「プロ野球チームかと思わせるほど、ピッチャーや打線などの試合展開がうまかったのが理由です」(59歳男性/宮崎県)、「完投の能力がある高橋ら3人の投手をそろえ、打者も斎藤陽、山田など去年の優勝経験がある選手がいて、夏連覇できるかどうか注目でした」(69歳男性/神奈川県)、「決勝戦で点差が開いても、アウェー感満載でも、笑顔でプレーする姿に心を打たれた」(40歳女性/茨城県)、「あの歓声の中よく頑張った」(38歳男性/東京都)などのコメントが寄せられました。
 

1位:慶應義塾(神奈川)

1位は、神奈川県代表、慶應義塾高校。決勝戦で昨年の優勝校、仙台育英を8対2で破り、107年ぶり2度目の優勝を果たしました。神奈川県大会では打率6割超の丸田湊斗選手や2年生エース・小宅雅己選手など、投打ともに勢いのある選手の活躍が目立ちました。元プロ野球選手の清原和博さんの次男、勝児さんの代打出場やアルプスを埋め尽くす大応援団など、連日注目を集めました。

回答者からは、「サラサラヘアーの男子がたくさんいた」(47歳女性/茨城県)、「髪もプレイスタイルものびのびしている」(59歳女性/埼玉県)、「代打清原の時の球場の雰囲気が見ていてすごかった」(32歳男性/東京都)、「バッターは丸太、ピッチャーは小宅とスーパースターがいてその他の選手もメイン級で全員活躍していた。監督の采配も光っていたし、監督が優しそうで、チーム全体の雰囲気が良いのが感じられる。羨ましかった」(43歳男性/茨城県)などのコメントが寄せられました。

※回答者のコメントは原文ママです

>次のページ:5位までの全ランキング結果を見る

この記事の筆者:福島 ゆき プロフィール

アニメや漫画のレビュー、エンタメトピックスなどを中心に、オールジャンルで執筆中のライター。時々、店舗取材などのリポート記事も担当。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は5年。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化