2023年夏の甲子園で印象的だった「バッター」ランキング! 慶應義塾・丸田湊斗選手を抑えた1位は?

2023年夏の甲子園で印象的だった「バッター」ランキング! 全国202人を対象に実施したアンケート調査から、決勝戦で大会史上初となる先頭打者ホームランを放った、「慶應義塾」(神奈川)・丸田湊斗選手を抑えた1位は?

2023年夏の甲子園で印象的だった「バッター」ランキング
2023年夏の甲子園で印象的だった「バッター」ランキング

2023年甲子園を通じて2本のホームランを放ち、打率.522で首位打者に輝いた「仙台育英」(宮城)3年・尾形樹人選手、初戦から2試合連続ホームランで注目を集めた「履正社」(大阪)3年・森田大翔選手、初出場にして、静岡県に令和初の勝利をもたらした「浜松開誠館」(静岡)3年・4番バッター新妻恭介選手ら、今大会注目を集めたバッターが31日から台湾で開催されるU-18ベースボールワールドカップ(以下、U-18野球W杯)高校日本代表メンバーにも選ばれ、世界での活躍が期待されています。

All About ニュース編集部は、8月24〜27日の期間、全国20〜70代の男女202人を対象に、「2023年夏の甲子園」に関する独自アンケート調査を実施。今回は、2023年夏の甲子園で印象的だった「バッター」ランキングを発表します。

>4位までの全ランキング結果を見る
 

2位:丸田湊斗(慶應義塾)

2位は、「慶應義塾」(神奈川)3年・丸田湊斗選手。「仙台育英」との決勝では、いきなり史上初となる先頭打者ホームランを放ち、日本中を驚かせました。50メートル5秒9の俊足やここぞという場面で打つ勝負強さなど、どの試合でも注目の的。さらには整った容姿も話題となり、“慶應のプリンス”、“美白王子”の言葉がSNS上でも飛び交いました。U-18野球W杯の代表選手にも選ばれています。

回答者からは、「決勝戦での先頭打者ホームランは痺れました(51歳男性/大阪府在住)」「初回でのホームランといい、ヒットの数といいさすがだなと感じた(25歳女性/大分県在住)」「打ってほしいときに期待に応えてくれることが多かった(27歳女性/茨城県在住)」「イケメンで出塁率の高いバッター。特に決勝戦での先頭打者ホームランはドラマチックでした(47歳男性/沖縄県在住)」「1回の表に先頭打者としてホームランを打って、2回もタイムリーヒットで流れを変えて優勝に導いた選手でしょう(40代女性/宮城県在住)」などのコメントが寄せられました。
 

1位:佐々木麟太郎(花巻東)

1位は、「花巻東」(岩手)3年・佐々木麟太郎選手。大谷翔平選手や菊池雄星選手の母校でもある強豪校で1年生からレギュラー入りを果たし、 高校通算ホームラン数140本の歴代最多記録を叩き出しています。恵まれた体格と実力、スター性のある選手でありながら、今大会でも“チームのために自分はどう役に立つか”を常に考え実践する「フォア・ザ・チーム」の精神を貫き、その姿に多くの観客が魅了されました。

回答者からは、「打球の速さにはビックリしました(43歳男性/埼玉県在住)」「背中に痛みを抱えていたものの、ミート力、スイングスピードは高校生レベルを超えている(38歳男性/東京都在住)」「今回は腰の調子が良くないということで万全ではなかったものの、バットスイングは速く、非凡なバッティングだなという印象です。体格も良かったのでそこもプロっぽいと思いました(60歳女性/北海道在住)」「やっぱり高校生の中では群を抜いていいバッターだと言えます(47歳男性/東京都在住)」「9回最後の攻撃で4番バッターからスタートなのにヘルメットをかぶって自分の打席に来ると仲間を信じていた姿に感動しました(35歳男性/千葉県在住)」などのコメントが寄せられました。


>次のページ:4位までの全ランキング結果を見る

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:福島 ゆき プロフィール
アニメや漫画のレビュー、エンタメトピックスなどを中心に、オールジャンルで執筆中のライター。時々、店舗取材などのリポート記事も担当。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は5年。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた