若槻千夏、「2000年GAL」再現ショットを公開! 「腹筋がお美し過ぎて」「お子さんがいらっしゃるとは思えない可愛さ」

タレントの若槻千夏さんは8月28日、自身のInstagramを更新。2000年代のギャルを再現した姿を公開しました。(サムネイル画像出典:若槻千夏さん公式Instagramより)

タレントの若槻千夏さんは8月28日、自身のInstagramを更新。2000年代のギャルを再現した姿を公開し、話題となっています。


【実際の投稿:若槻千夏、「2000年GAL」再現ショットが話題】
 

「これが2000年GAL」

若槻さんは「これが2000年GAL」とつづり、1本の動画を投稿。フェイスマスクをした状態から、2000年代のギャルに変身する内容になっています。おなかが露出した短い丈のTシャツとダメージジーンズを着用した若槻さん。金色と茶色が混ざった髪や手につけたアクセサリー、そして“ガングロ”メイクと当時流行したルックスを再現しています。

この投稿に、タレントでモデルのアンミカさんは「か、可愛すぎ!てか、変わってなさすぎ似合いすぎやろー!」と反応。それに対し、若槻さんは「ありがとうございます!嬉しくてチョベリグです」と返信しました。

ファンからは「お子さんがいらっしゃるとは思えない可愛さ」「理想の顔面」「平成ギャル最高っ」「腹筋がお美し過ぎて」など、称賛のコメントが寄せられています。
 

矢田亜希子さん&近藤千尋さんとのギャルショットも公開

27日には、俳優の矢田亜希子さん、モデルの近藤千尋さんと同じルックスで撮影したスリーショットを公開していた若槻さん。矢田さんと近藤さんもギャルを意識したメイクやファッションを施しています。今後もすてきな投稿に期待したいですね。

【こちらも読む→矢田亜希子、一夜限りの90年代ギャルショット公開!
 

>次ページ:若槻さん&矢田さん&近藤さんのギャルショットも見る
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」