日本で実写化するとしたら「野獣(美女と野獣)」を演じてほしい俳優ランキング! 1位「鈴木亮平」、2位は?

All About ニュース編集部では、独自のアンケート調査を行ってディズニー映画『美女と野獣』に関する結果を作成しました。この記事では、日本で実写化するとしたら「野獣」を演じてほしい俳優ランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:鈴木亮平さんの公式X)

フランスの民話に基づいて作られたディズニー映画の『美女と野獣』は、魔女の呪いで野獣に変えられてしまった美しい王子と、読書と空想が好きな女性・ベルが織りなすラブストーリーとして人気です。

今回、All About ニュース編集部は6月29日~8月17日、全国10~60代の233人を対象に「ディズニープリンス」に関するアンケート調査を実施しました。その中から、『美女と野獣』日本で実写化するとしたら「野獣」を演じてほしい俳優ランキングを紹介します。

>4位までの全ランキング結果を見る

2位:吉沢亮


2位は「吉沢亮」さんでした。「アミューズ全国オーディション」をキッカケに芸能界入りすると、『仮面ライダーフォーゼ』(テレビ朝日系)の朔田流星役で人気を集めます。映画作品ではさまざまな役に挑戦し、『銀魂』の沖田総悟役をはじめ、『リバーズ・エッジ』『ママレード・ボーイ』『あのコの、トリコ。』など、話題作に次々と出演。

2019年には連続テレビ小説『なつぞら』に出演し注目されると、NHK大河ドラマ『青天を衝け』では大河ドラマ初出演で初主演に抜てきされます。

回答者からは、「かっこいいから」(30代男性・東京都)との意見が寄せられました。

1位:鈴木亮平


1位は「鈴木亮平」さんです。2006年に水着業界では珍しい「キャンペーンボーイ」として芸能界デビューすると、ドラマ『レガッタ』(テレビ朝日系)で俳優としての活動を開始。180センチをこえる抜群のスタイルを持ち、肉体美を見せた映画『HK 変態仮面』で注目を集めます。

さらに、映画『ガッチャマン』や、NHK連続テレビ小説『花子とアン』など、幅広い役をこなす演技派として人気に。NHK大河ドラマ『西郷どん』では、主人公の西郷隆盛に大抜てきされ体格の良さを生かして迫真の演技を見せます。2023年10月からは、TBS系日曜劇場『下剋上球児』で主演を務め、さらに2024年公開予定のNetflix作品『シティーハンター』で冴羽獠役が決定しています。

回答者からは、「体も大きく、野獣になってもしっくりきそうだから」(20代男性・静岡県)、「体格の良さ」(30代女性・長野県)、「似合いそう」(30代女性・埼玉県)などの意見が寄せられました。

※回答者のコメントは原文ママです

>4位までの全ランキング結果を見る

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応