日本で実写化するとしたら「クリストフ(アナと雪の女王)」を演じてほしい俳優ランキング! 2位「森本慎太郎」、1位は?

独自のアンケート調査を行っているAll About ニュース編集部では、ディズニー映画に関するランキングを作成。今回は、アナと雪の女王を日本で実写化するとしたら「クリストフ」を演じてほしい俳優ランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:『だが、情熱はある』(日本テレビ系)公式Instagram)

『アナと雪の女王』は、日本でも大ヒットを記録したディズニー映画の代表作として有名です。現在は、第3弾の映画が制作されていると発表されファンを喜ばせています。

今回、All About ニュース編集部は6月29日~8月17日、全国10~60代の233人を対象に「ディズニープリンス」に関するアンケート調査を実施しました。その中から、アナと雪の女王を日本で実写化するとしたら「クリストフ」を演じてほしい俳優ランキングを紹介します。

映画の中では、主人公の1人「アナ」と共に旅をして、さまざまな場面でサポートをする「クリストフ」。心やさしき青年として人気を集めています。もしも日本版の映画が作られた際には、どの俳優が演じるクリストフを見たいのでしょうか?

>4位までの全ランキング結果を見る

2位:森本慎太郎(SixTONES)


2位にランクインしたのは、「森本慎太郎」さんでした。男性アイドルグループ・SixTONESのメンバーとして活躍する森本さんは、ジュニア時代から舞台『滝沢演舞城 2007』をはじめ、ドラマ『受験の神様』(日本テレビ系)などに参加して、演技力の高さを評価されています。

SixTONESとしてデビューしてからも、個人では俳優業が好調でさまざまな作品に出演。2023年には、『探偵ロマンス』(NHK総合)をはじめ、『だが、情熱はある』(日本テレビ系)で、主人公の1人である山里亮太役を担当。さらに8月25日から公開された映画『Gメン』に梅田真大役で出演中です。

りりしいビジュアルで体格も良い森本さんは、どことなくアニメ版のクリストフに似ています。演技力も高いので、魅力的なクリストフを作り出してくれることでしょう。

回答者からは、「見た目、顔が似てるため」(30代女性・埼玉県)、「頼りになりそうなかっこよさがあるから」(30代女性・東京都)、「ビジュアルがぴったりだし、山育ちでトナカイと友達になれそうなキャラクターにも合っているから」(40代女性・大阪府)などの意見が寄せられました。

1位:鈴木亮平


1位にランクインしたのは、「鈴木亮平」さんでした。東京外国語大学外国語学部を卒業した鈴木さんは、英語が堪能です。2006年に日本の水着業界初となるキャンペーンボーイに選ばれ芸能界入りすると、ドラマ『レガッタ』(テレビ朝日系)で本格的に俳優デビューします。

その後は多くの作品に出演し、肉体美を見せた映画『HK 変態仮面』や、NHK連続テレビ小説『花子とアン』への出演など、幅広い役をこなす演技派としてブレークします。さらに体格の良さを生かして、NHK大河ドラマ『西郷どん』では主人公の西郷隆盛に大抜てきされています。 

2023年は『エゴイスト』『劇場版TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』『リボルバー・リリー』とさまざまなジャンルの映画に出演。10月からは、TBS系日曜劇場『下剋上球児』で主演を務めることが決定しています。

体格が良い鈴木さんはクリストフのイメージにぴったりです。

回答者からは、「ガタイのよさと良い人な雰囲気があっています」(30代女性・東京都)、「背が高くて似ているから」(10代女性・栃木県)、「顔が似ている」(30代女性・東京都)などの意見が寄せられました。


※回答者のコメントは原文ママです

>4位までの全ランキング結果を見る

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは