【300人に聞いた】家庭で行っている「蚊の対策」エピソード! 効果的な対処法をご紹介

All About ニュース編集部では、全国に住む10~70代の男女を対象に「虫対策に関するアンケート」を実施。「家庭で行っている蚊の対策」を、アンケート回答から抜粋して解説しました。

家庭で行っている「蚊の対策」エピソード
家庭で行っている「蚊の対策」エピソード

All About ニュース編集部は8月3~17日の期間、全国の10~70代の男女318人を対象として「虫対策」に関するアンケート調査を実施。今回はその中から、「家庭で行っている蚊の対策」をピックアップしました。コメントで寄せられたエピソードとともに、回答者が取り組んでいる対処法を紹介します。

その1:「蚊取り線香」が定番の対策アイテム!

アンケート回答のコメントで多く寄せられたのは「蚊取り線香」を使用した対処法でした。

蚊取り線香には、ピレスロイドと呼ばれる殺虫成分が含まれています。渦巻き状の線香に火を点けると、熱によって殺虫成分が空気中に漂います。線香の近くに寄ってきた蚊を撃退できる仕組みです。

殺虫剤としても、虫除け剤としても使えるため一石二鳥のアイテムで人気があります。

蚊取り線香について、次のようなコメントが寄せられていました。

「蚊取り線香をずっと使っています」(千葉県/30代女性)

「蚊取り線香を炊きます」(北海道/40代女性)

「蚊取り線香を使うことが多いです」(埼玉県/40代女性)

「蚊取り線香を焚くこと、庭への出入りの際は網戸や窓をできるだけ素早く開けしめするようにしています」(奈良県/30代女性)

その2:スプレーなど他のアイテムを使用することも

蚊取り線香以外にも、多種多様な対処用アイテムを使って蚊に立ち向かっているようです。

次のようなコメントが寄せられています。

「蚊が出入りしそうなところにヒノキスプレーをまいています ベランダ・玄関には市販の蚊対応の虫除け的なものをかけてます」(東京都/50代女性)

「蚊が発生する期間はアースノーマットを24時間つけています」(埼玉県/50代男性)

「ベランダや玄関に虫コナーズを掛けておく」(東京都/40代女性)

「ドラッグストアに売っているハーブなどを使った殺虫剤を家の中に置いています 他に、家にペパーミントなどの精油がある時は、カーテンなどに軽くその精油を水で薄めて、吹き付けたりしています」(北海道/50代女性)

「吊り下げタイプの蚊よけをドアに吊るす 体を虫よけシートで拭いておく 蚊よけシールを服に貼る」(東京都/50代女性)

蚊取り線香以外にも、玄関や窓などにつり下げる虫よけアイテムを使ったり、殺虫スプレーを使ったりして、蚊の猛攻をしのいでいる人がいるようです。


※回答者コメントは原文ママです

調査概要

調査期間:8月3~17日
調査方法:インターネット調査
回答者属性:全国10~70代の318人

この記事の筆者:長谷川 優人
1990年生まれ。30代突入と同時期に未経験でライター業を開始。日常系アニメと車好き。女性声優さんにも関心をもち個人的にイベントへ参加している。現在の所有車はスズキ ワゴンR(MH95S)。各地のアニメ作品の舞台となった場所を聖地巡礼すべくドライブに出かける。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」