「なにわ男子」で演技がうまいと思うメンバーランキング! 1位「道枝駿佑」、2位は?

All About ニュース編集部は、「なにわ男子」に関する独自のアンケートを実施。演技がうまいと思うメンバーランキングを紹介します。(画像出典:「なにわ男子」の公式Instagram)

なにわ男子がメインパーソナリティを務める、8月26~27日放送の大型チャリティ番組『24時間テレビ46』(日本テレビ系)。日本中の注目を集めるなにわ男子ですが、各メンバーが個人活動時には俳優としても活躍中です。

All About ニュース編集部は8月3~21日、全国10~60代の275人を対象に「なにわ男子」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から「なにわ男子の演技がうまいと思うメンバー」ランキングを紹介します。

>7位までの全ランキング結果を見る
 

2位:西畑大吾


2位には、西畑大吾さんがランクインしました。美しい歌声を持ち、「絶対的センター」と評されることも多い西畑さん。

ソロでは俳優として活躍し、NHKの連続テレビ小説『ごちそうさん』や『あさが来た』に早くから出演。高い演技力を見せ、これまでドラマ『教場』(フジテレビ系)や『必殺仕事人』(ABCテレビ・テレビ朝日系)、さらに映画『KAPPEI カッペイ』など、さまざまなジャンルの作品に参加しています。表情の作り込みや役になりきる技術が豊富で、注目の若手俳優として人気を集めています。

2023年6月公開の映画『忌怪島/きかいじま』では主人公の片岡友彦を演じ、現在は『ノッキンオン・ロックドドア』(テレビ朝日系)で、SixTONESの松村北斗さんとダブル主演を担当中。片無氷雨を演じ、不可解な動機や理由を読み解く「WHY専門探偵」を見事に表現しています。

回答者からは、「朝ドラでの演技は今でも覚えていて、あの頃から安定感のある演技をしている」(20代女性・広島県)、「場数踏んでるせいかどんな役でもこなせるところ」(30代女性・兵庫県)、「朝ドラでの戦時中の子供の役や、戦国武将のクローン、警察学校の生徒など、幅広く色々な役を上手に演じきれているところ」(20代女性・静岡県)などの意見が寄せられました。
 

1位:道枝駿佑


1位には、道枝駿佑さんがランクインしました。長身でスタイルが良く、女性向けファッション雑誌『ViVi』(講談社)が選出する「国宝級イケメンランキング」でもNEXT部門などで1位を獲得している道枝さん。

俳優としては、2017年に放送されたドラマ『母になる』(日本テレビ系)で、高い演技力を披露。その後、『消えた初恋』(テレビ朝日系)で主演を務め、さらに『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)では金田一一役を担当します。甘いルックスと自然体の演技はどんな作品にもマッチし、一躍人気俳優として知名度を上げます。

福本莉子さんとダブル主演を務めた、映画『今夜、世界からこの恋が消えても』は大ヒットを記録。難病を患ったヒロインを支え、自らも秘密を抱える主人公を熱演しました。コミカルな演技から正統派ラブストーリーまで演じられる実力を持ち、役者としての能力は常に進化を続けています。

そんな道枝さんは、『24時間テレビ46』で放送されるスペシャルドラマ『虹色のチョーク 知的障がい者と歩んだ町工場のキセキ』で主演を担当。さらに、2023年10月からは『マイ・セカンド・アオハル』(TBS系)への出演が発表されています。

回答者からは、「道枝本人ではなく役柄の人物に見えるから」(20代女性・神奈川県)、「映画を見た時にスッと役が入ってきたから」(20代女性・東京都)、「サイコパスな役を見て演技がすごく、多彩な役に対応できる」(20代男性・埼玉県)などの意見が寄せられました。

>7位までの全ランキング結果を見る

※回答者のコメントは原文ママです
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在