「ブリーフリー」有吉弘行、白ブリーフ姿の“アクション映画”風ショット公開! 「さすが師匠」「爆笑しました」

お笑いタレントの有吉弘行さんが、8月15日に自身のInstagramを更新。ブリーフ姿で中国のアクション映画風の写真を公開しました。(サムネイル画像出典:有吉弘行さん公式Instagramより)

お笑いタレントの有吉弘行さんが、8月15日に自身のInstagramを更新。とにかく明るい安村さん、お笑いトリオ・パンサーの尾形貴弘さんとのスリーショットを公開しました。

【実際の投稿:有吉弘行、中国のアクション映画風ショット】
 

「ブリーフウィルスもいますか?」

有吉さんは「新人時代のサモハンキンポー(洪金寶)とユンピョウ(元 彪)にアクションを指導するブリーフリー(李白着)。(香港 1982)」とつづり、1枚の写真を投稿。ダボっとした白いブリーフをはいた姿でポーズを取る姿を披露しました。背後には有吉さんを見つめる安村さんと尾形さん。セピア色の加工で1970~1980年代くらいの中国アクション映画のような雰囲気になっています。

ファンからは「ブリーフウィルスもいますか?」「さすが師匠」「剣な表情が最高です!」「パソコンの壁紙確定案件」「爆笑しました」「一周回ってエモいです」など、さまざまなコメントが寄せらました。
 

ユーモアたっぷりな写真を多数公開

有吉さんはこれまでにもたびたびユーモアにあふれた写真をInstagramで公開。7月28日には短い前髪のウィッグと丸眼鏡を着用した写真を載せ、「これ何? あーKing Gnuか。納得」とつづりました。ほかにも芸人仲間との写真など、お笑い好きにはたまらないショットを披露しているので、気になった人はぜひチェックしてみてください。
 

>次ページ:7月28日に投稿した写真も見る
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在