井手上漠、地元・島根県での成人式で“イケメンすぎる”スーツ姿披露! 「綺麗すぎて叫びました」

ジェンダーレスモデルの井手上漠さんは8月15日、自身のInstagramを更新。地元・島根県で行われた成人式で着用したスーツ姿の写真を公開し、「漠ちゃん綺麗だよ」など称賛の声が多く寄せられています。(サムネイル画像出典:井手上漠さん公式Instagramより)

ジェンダーレスモデルの井手上漠さんは8月15日、自身のInstagramを更新。地元・島根県で行われた成人式での写真を公開しました。

【実際の投稿:井手上漠、成人式でのスーツショット】
 

「素敵なばくちゃん見れて、心が踊りました」

井手上さんは「成人式でした。うちの地元は夏にやります」とつづり、4枚の写真を投稿。地元・島根県の成人式で着用したと思われるグレーのスーツ姿を披露しました。長い髪を後ろでまとめ、大きめのスーツの下は襟付きのシャツではなく、カジュアルな印象のインナーを着用しています。美しさと格好良さを併せ持った、井手上さんらしいコーディネートです。

ファンからは「成人式おめでとうございます」「かっこいい!ばくちゃんだいすき!!」「とっても綺麗ー」「素敵なばくちゃん見れて、心が踊りました」「綺麗すぎて叫びました」「凛々しいですね」など、祝福と称賛の声が多く寄せられています。
 

「かわいすぎるジュノンボーイ」として話題に

井手上さんは2018年の「第31回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」に出場し、「DDセルフプロデュース賞」を受賞したことをきっかけに芸能界入り。「かわいすぎるジュノンボーイ」として若者を中心に支持を集め、モデルやタレントとして活動しています。2022年には自身がプロデュースするジェンダーレスファッションブランド「BAAKU」を立ち上げ。今後の活躍も楽しみですね。
 

>次ページ:井手上漠さんのほかの投稿も見る
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応