てんちむ、南米・パラグアイで『イケメン男を買ってみた』売春動画に反響! 「神動画」「知らない世界を知れた」

YouTuberでタレントのてんちむさんが8月12日にYouTubeで公開した動画が、「過去一面白い」と話題を呼んでいます。気になる内容は?(サムネイル画像出典:YouTubeチャンネル「てんちむCH/ tenchim」)

YouTuberでタレントのてんちむさんが8月12日、自身のYouTubeチャンネル「てんちむCH/ tenchim」で動画を更新。『売春OKの国でイケメン男を買ってみた』と、過激なタイトルの動画が話題を呼んでいます。
 

【実際の動画:てんちむ、パラグアイでイケメン男性を買ってみたら……】
 

「なんかめっちゃイケメンなんですけど」

動画冒頭でてんちむさんは「南米のパラグアイにいる」と明かし、普段は立ちんぼがいるというスラム街の一角にカメラマンたちといます。夜ということもあり、てんちむさんも「怖くない?」とカメラマンに声をかけるほどです。
 

続けて、「この国は売春がOKらしい」「正しく言うとそういうお店とかを作るのはダメなんですけど各々が個人でそういうことをするのはオッケーらしい」と話し、「なので、男性を買ってみましょう」と、今回の企画主旨を説明しました。
 

仲介人を通して紹介された男性は、ワイルド&イケメンな39歳。てんちむさんも、「なんかめっちゃイケメンなんですけど」とコメントしています。その男性とはホテルもOKらしいですが、今回は「飯で終わり」とのことで、早速飲食店へ移動。どんな話が聞けたのでしょうか?
 

売春で稼ぐ理由は、息子のため

飲食店に着いたてんちむさんらは、食事をしながら男性が売春する理由などを聞きました。男性は息子を養うため、辞めても仕事がないと吐露。以前は毎日のようにあった仕事が最近は週2~3回に減ったことや、嫌な客をアテンドしているときは「すごい息子に罪悪感を感じる」と、告白しています。また、客の性別割合は40%が女性客、20%が男性客とのこと。残りの40%は「仕事がない」と厳しい現状も語りました。
 

コメント欄では、「こんな治安悪そうなところてんちむしか行けないよw」「知らない世界を知れた」「てんちむさん、良いレポートしましたね」など、「神動画」「過去一面白いインタビュー」と称賛の声が寄せられています。中には、「てんちむはさすがコミュニケーション上手だね。引退するのもったいない!」と、9月末で無期限活動休止に入るてんちむさんに言及する声も上がりました。
 

動画では、客の性癖に関する踏み込んだ質問や、リアルな売春の実態についても男性が赤裸々に答えています。なかなか過激な内容なので、気になる人はぜひチェックを。
 



>次ページ:てんちむさんが公開した『裸族の村で一泊二日の裸生活』動画を見る!
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは