広島県出身の好きな「芸能人」ランキング! 2位「有吉弘行」、1位は?

All About ニュース編集部では、独自のアンケート調査を実施して広島県出身の芸能人に関するランキングを作成しました。この記事では、広島県出身の好きな「芸能人」ランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:有吉弘行さんの公式Instagram)

All About ニュース編集部は7月20日~8月3日、全国10~70代の324人を対象に「広島県出身の有名人」に関するアンケート調査を実施しました。

今回はその中から、元テレビ局スタッフの筆者が「広島県出身の好きな芸能人」ランキングを紹介します。

>10位までの全ランキング結果を見る

2位:有吉弘行


2位は、お笑い芸人として活躍する「有吉弘行」さんです。安芸郡熊野町出身の有吉さんは、1994年に同級生の森脇和成さんと猿岩石を結成。人気番組『進め! 電波少年』(日本テレビ系)の企画「ユーラシア大陸横断ヒッチハイク」で大ブレークすると、メガヒットしたCD『白い雲のように』や、著書『猿岩石日記』などを発売しています。

その後は人気が低迷する期間がありながら、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)などで、共演者に秀逸なあだ名を付け再ブレーク。持ち前のトーク力とお笑いセンスを武器に、数多くのバラエティ番組の司会を担当して、確固たる地位を築き上げます。

現在も、『有吉の壁』(日本テレビ系)など、多くの番組で司会を務めています。

回答者からは、「毒舌だけど愛がある感じ、人柄が良い印象がある。夏目さんとの結婚も好印象」(50代女性・東京都)、「才能がある。親しみやすい」(70代男性・広島県)、「有吉弘行と田中卓志の出演する番組は面白くて毎回観ている」(50代女性・京都府)などの意見が寄せられました。

1位:綾瀬はるか


1位は、俳優として活躍する「綾瀬はるか」さんです。広島市出身の綾瀬さんは、2000年に「第25回ホリプロタレントスカウトキャラバン」で審査員特別賞を受賞して芸能界入り。2001年にはドラマ『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)で俳優デビューすると、2004年放送のドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』(TBS系)で演技力の高さが認められます。

その後は、NHK大河ドラマ『八重の桜』の主演や、映画『海街diary』など、話題作に次々と出演。2023年には、1月から超大作映画『レジェンド&バタフライ』に出演、さらに8月11日から主演を務める『リボルバー・リリー』が公開中です。

回答者からは、「透明感、美人、運動神経抜群、演技力、全てを兼ね備えた、素晴らしい女優さんです」(20代女性・広島県)、「とても綺麗で憧れる。何歳になっても透明感がすごい」(30代女性・神奈川県)、「いつもニコニコしていて可愛い。また、出演するドラマはどれも面白い」(30代女性・千葉県)などの意見が寄せられました。

※回答者のコメントは原文ママです

>10位までの全ランキング結果を見る

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない