国内の「美しすぎるアートスポット」ランキング! 2位「アートアクアリム美術館」を抑えた1位は?

Lemon8は、上半期の投稿約18万件の中から「美しすぎるアートスポット」というテーマを選出し、ランキングを発表。「アートアクアリム美術館GINZA」を抑えて1位に輝いたのは?(サムネイル画像出典:アートアクアリム美術館公式Instagramより)

ライフスタイル共有アプリ「Lemon8(レモンエイト)」は、1月1日〜6月30日までにアプリ内で投稿された約18万件の投稿から位置情報をつけた投稿をピックアップ。投稿の分析結果を元に、「美しすぎるアートスポット」というテーマを選出しておでかけランキングを発表しました。

本記事ではその中から、上位2位にランクインしたスポットを紹介します。なお、調査対象は保存数や保存上昇幅を基準に、テーマごとにランク付けされています。

>10位までの全ランキング結果

 

第2位:アートアクアリム美術館GINZA(東京都)


第2位は、光・音・香が織りなす芸術空間の中、金魚アートや日本の伝統技を多彩な演出で楽しめる「アートアクアリム美術館GINZA」でした。

9月26日まで期間限定で、特別企画として「夏のアートアクアリウム展2023~銀座の金魚~」を開催中。天空に咲き誇る空想の花をイメージした「天空リウム」をはじめ、新作水槽が5作品公開されています。約5000匹の金魚が泳ぐ、夏らしく涼やかで幻想的なアート空間に癒されると評判です。

また、アートアクアリムはファンタジックな写真が撮れるのも魅力の1つ。映え写真スポットが多いことも、人気を後押ししているようです。

 

第1位:MOA美術館(静岡県)


第1位は、海抜約250m、相模灘を見渡す熱海の高台に立つ絶景と美食が楽しめる「MOA(エムオーエー)美術館」です。東洋美術の絵画や彫刻を中心に、国宝3点を含む約3500点の作品が収蔵されています。

円形ホールにある日本最大級の万華鏡のマッピングは、万華鏡作家の依田満・百合子夫妻による作品。同じ図柄は二度と見られない特別感と、幻想的に広がる美しすぎる景色が20〜30代の女性を中心に話題を呼んでいます。


>次ページ:10位までの全ランキング結果を見る

この記事の筆者:くま なかこ プロフィール
編集プロダクション出身のフリーランスエディター。編集・執筆・校閲・SNS運用担当として月間50本以上のコンテンツ制作に携わっています。得意なジャンルはライフスタイル・金融・育児・エンタメ関連。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」