世界に誇れると思う東京の美術館ランキング! 建築も芸術な「国立新美術館」を抑えた2つの美術館は?

国内外の有名な作家による美術作品が観賞できる美術館から、現代アートによる斬新な企画展を催す美術館まで、東京には多彩な美術館が点在しています。全国の男女261人に聞いた、「世界に誇れると思う東京の美術館」ランキングを発表します。

国立新美術館(港区)

夏休み目前の7月。観光スポットとしても有名な美術館から体験型の美術館まで、都内に点在する多彩な美術館では、夏休みに向けた「特別展」「企画展」も多数開催されています。

All About編集部は、5月23日〜6月22日の期間、全国10〜70代の男女261人を対象に、「東京の美術館」に関する独自アンケート調査を実施しました。今回はその中から、「世界に誇れると思う東京の美術館」ランキングを紹介します。

>11位までの全ランキング結果を見る
 

第3位:国立新美術館(港区)

第3位は、「国立新美術館」でした。巨大な波のような建物は、博物館や美術館、マレーシアのクアラルンプール国際空港などを設計し、世界的に名高い建築家・黒川紀章さんが手掛けています。

9月には、1960年代に初めて女性のパンツスーツを発表し、女性の装いに変革をもたらしたサンローランの回顧展「イヴ・サンローラン展」が開催予定。国内最大級の展示スペースでは、多彩で斬新なテーマを扱う企画展が随時開催されています。

回答者からは、「黒川紀章さんの建築が本当に素敵だから。展示物も現代的なものから、ファッションに関するものなど幅広いから(23歳女性)」「現代の日本の作家を取り上げた企画展を行うなど、日本の美術を広めるうえでも一定の役割を果たしており、その点も含め世界に誇れる美術館だと思います(42歳女性)」のほか、

「君の名はにも出てきた、聖地でもあるため(26歳女性)」など、新海誠監督の映画『君の名は。』に登場したスポットとして、“聖地巡礼”で訪れる人も多いようです。
 

同率1位:三鷹の森ジブリ美術館(三鷹市)    

同率1位は、「三鷹の森ジブリ美術館」。第75回アカデミー賞長編アニメーション部門などを受賞した『千と千尋の神隠し』をはじめ、『となりのトトロ』『もののけ姫』など、世界中で愛されるアニメーション映画を生み出している「スタジオジブリ」による日本初のアニメーション美術館です。

回答者からは、「世界の宮崎駿の美術館だから(38歳女性)」「日本にしかない、世界に誇れる美術館だと思うからです(45歳男性)」「世界でも人気のあるジブリ作品を深く細かく知れる美術館はここ一つだから(41歳女性)」のほか、

「ジブリは世界中で愛されていて、実際、外国人の知人も大好きだと言っていたから(41歳女性)」など、世界的に人気が高いア二メーション作品の唯一の美術館として世界に誇れるとの声が多数寄せられました。
 

同率1位:国立西洋美術館(台東区)

同率1位は、上野恩賜公園内に位置する「国立西洋美術館」でした。クロード・モネの『睡蓮』やオーギュスト・ロダンの彫刻『考える人』、14世紀から20世紀初頭にかけての西洋の美術作品を6000点超所蔵する美術館です。

展示されている美術作品だけでなく、近代建築の三大巨匠の1人としてフランスで活躍したル・コルビュジエによって設計された建物は、2016年に世界文化遺産に登録され、建物自体も広大な美術作品として注目されています。

回答者からは、「ル・コルビュジエ設計の建物も素晴らしく、美術作品と合わせて魅力的だから(50歳女性)」「コルビュジエの建築として世界文化遺産の建物も見所ですし、近代の西洋絵画だけではなくオールド・マスターの作品を見ることができる(64歳女性)」などの評価が集まりました。


>次のページ:11位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


この記事の筆者:福島 ゆき プロフィール
アニメや漫画のレビュー、エンタメトピックスなどを中心に、オールジャンルで執筆中のライター。時々、店舗取材などのリポート記事も担当。All AboutおよびAll About NEWSでのライター歴は5年。

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」