ロッキンに出演する「好きな女性ソロアーティスト」ランキング! 2位の「Ado」を抑えた1位は?

All Aboutニュース編集部が実施した、ROCK IN JAPAN FESTIVAL(ロッキン)に関するアンケートの調査結果をランキング化。「ロッキンに出演する好きな女性ソロアーティスト」人気ランキングで、2位の「Ado」を抑えた1位は?(サムネイル画像出典:Adoさん公式X(旧Twitter)より)

日本を代表するアーティストが集う真夏の野外イベント「ROCK IN JAPAN FESTIVAL(以下、ロッキン)」。今年は8月5~6日、11~13日に開催するスケジュールです。

J-POPやHIP HOP、アイドルなど、幅広い音楽を楽しめるのがロッキンの魅力の1つ。好きなアーティストを目的に参加したら偶然好みの音楽を耳にするなど、ジャンルレスだからこその出会いもあります。

All Aboutニュース編集部はロッキンに関する独自調査を実施。同調査は、全国10〜60代の男女172人を対象にインターネット上で行いました(調査期間:7月11日~8月6日)。本記事では、その中から「ロッキンに出演する好きな女性ソロアーティスト」ランキングを紹介します。

 

>5位までの全ランキング結果

 

2位:Ado(38票)


2位には、2020年リリース『うっせぇわ』にてメジャーデビューした女性アーティスト・Adoさんがランクイン。2022年には映画『ONE PIECE FILM RED』で登場人物・ウタの歌唱キャストを担当。同作の主題歌『新時代』は、Apple Musicのグローバルデイリーチャートで日本の楽曲として初めて全世界1位となるなど、音楽チャートを席巻しました。

回答者からは「力強い歌声と、器用に様々な声色を使い分ける歌い方に感動したから(30代男性)」「歌声の幅広さ、歌唱力、才能がほかと比べてもずば抜けているから(20代女性)」といった声が多数集まりました。

 

1位:あいみょん(41票)


栄えある1位に選ばれたのは、シンガーソングライター・あいみょんさんでした。メッセージ性の強い歌詞で、“デジタルネイティブ世代”を中心に大きな人気を集めています。2022年大みそかには『第73回NHK紅白歌合戦』にも3年連続の出場を果たし、会場とお茶の間を盛り上げました。

回答者からは「少し昭和歌謡っぽさも感じるメロディーラインの楽曲と哀愁も含んだ歌声が好きだから(40代女性)」「力強いけど繊細な歌声と、しっかりと歌詞が聴こえるところが好きです(30代男性)」といった、癖になるメロディーや歌声に対する称賛のコメントが殺到しました。

※コメントは原文ママです


>次ページ:5位までの全ランキング結果を見る

この記事の筆者:花輪えみ プロフィール
千葉県出身。ライター/編集者。記名ライター歴8年目。女性向けサイト編集、兼業ライターを経て現在フリー。おもにインタビュー記事や漫画書評、旅行コラムを執筆。趣味は散歩。

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」