ロッキンに出演する好きな「男性ソロアーティスト」ランキング! 2位は「HYDE」、1位は?

All Aboutニュース編集部が実施した、ROCK IN JAPAN FESTIVAL(ロッキン)に関するアンケート調査結果を発表。「ロッキンに出演する好きな男性ソロアーティスト」ランキングで、2位「HYDE」を抑えた1位は?(サムネイル画像出典:HYDEさん公式Instagramより)

J-POPやHIP HOP、アイドルなど、幅広い音楽を楽しめるフェスイベント「ROCK IN JAPAN FESTIVAL(以下、ロッキン)」。今年は8月5~6日、11~13日に開催するスケジュールです。

新型コロナウイルスの影響による2年連続中止を経て、2022年から千葉市蘇我スポーツ公園に会場を移転。都心からアクセスの良い“都市型フェス”として新たなスタートを切りました。

All Aboutニュース編集部はロッキンに関する独自調査を実施。同調査は、全国10〜60代の男女172人を対象にインターネット上で行いました(調査期間:7月11日~8月6日)。本記事では、その中から「ロッキンに出演する好きな男性ソロアーティスト」ランキングを紹介します。

>5位までの全ランキング結果
 

2位:HYDE(26票)

 

2位には、「L'Arc~en~Ciel(ラルク アン シエル)」のボーカリスト・HYDEさんがランクイン。2001年にソロデビューして以来、手掛けた多くの楽曲がオリコン初登場1位を飾る超実力派アーティストです。国内外からの人気も高く、2022年12月には日本のロック界を代表する4人が結成したスーパーバンド「THE LAST ROCKSTARS」の一員として集結したことで話題となりました。

回答者からは「かれこれ25年来のファンだから。ソロもラルクも好き(40代女性)」「歌声、ヴィジュアル、楽曲センスの全てが好きで、現在の姿をフェスでもお目にかかりたいから(30代男性)」など、長年積み上げてきた実績や唯一無二の存在感、美しい歌声などを絶賛する声が寄せられました。

 

1位:Vaundy(36票)

 

栄えある1位に選ばれたのは、Vaundyさんでした。なんと現役大学生であり、作詞、作曲、アレンジを全て行いながらデザインや映像までセルフプロデュースするマルチアーティスト。2022年末には『第73回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たし、大人気曲『怪獣の花唄』を披露しました。 

回答者からは「新鮮味も感じつつ、なつかさしさ、ノスタルジックな感じもありフェスで万人受けしそうだから(30代男性)」「Vaundyの曲の雰囲気が好き。明るい中に暗さがあったり、バランスが良くて聞いてて心地よい(20代女性)」などの声が殺到。なかには「紅白で見て好きになりました。曲も声も好きでよく聴いています(30代女性)」という声もありました。

※コメントは原文ママです

>次ページ:5位までの全ランキング結果を見る

この記事の筆者:花輪えみ プロフィール
千葉県出身。ライター/編集者。記名ライター歴8年目。女性向けサイト編集、兼業ライターを経て現在フリー。おもにインタビュー記事や漫画書評、旅行コラムを執筆。趣味は散歩。

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『キングダム 大将軍の帰還』は大沢たかおがMVP。それでも、さすがに気になる“テンポの鈍重さ”

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示