夏に小学生と行きたい「横浜のお出かけスポット」ランキング! 2位「シーパラ」、1位は?

All About編集部は、全国10〜60代の男女を対象に「夏に小学生と行きたい横浜のお出かけスポット」に関する独自調査を実施。アンケート調査結果をもとに、横浜で小学生の子どもと楽しめるスポットを紹介します。

All About編集部は、全国10〜60代の男女155人を対象に「夏に小学生と行きたい横浜のお出かけスポット」に関する独自調査を実施しました。アンケート調査結果から小学生の子どもと行きたいスポットをランキングで紹介!


>10位までのランキング結果を見る

 

第2位:横浜・八景島シーパラダイス

イルカたちが悠々と泳ぐ姿を見られる水族館「ドルフィン ファンタジー」(提供画像)
イルカたちが悠々と泳ぐ姿を見られる水族館「ドルフィン ファンタジー」(提供画像)

第2位は「横浜・八景島シーパラダイス」。「海・島・生きもの」をテーマに、4つの水族館やアトラクション、ショップ、レストラン、ホテルがそろった複合型海洋レジャー施設です。

回答者からは、「様々な動物に会えて楽しめそうで、勉強にもなりそうだから」(神奈川県/30代女性)、「水族館も遊園地もあり、学びと遊びを両方楽しめるスポットなのではないかと思ったからです」(東京都/20代女性)というコメントが寄せられ、遊びながら学んでほしいと子どもに期待していることが分かりました。

 

子どもの体力に合わせたスケジュールを

海の動物たちが活躍するショーははずせない!(提供画像)
海の動物たちが活躍するショーははずせない!(提供画像)

また、「水族館と遊園地の両方を楽しみたいと考えているため」(千葉県/50代男性)、「水族館を回ったあとに遊園地もあるので1日いても飽きずに遊べます。ゲームコーナーもあって甥っ子が夢中になって遊んでいました」(神奈川県/30代女性)といった、両方満喫したいという声も寄せられました。

島内は広いので、子どもの体力に合わせたスケジュールを立てておくとよいでしょう。ショーの時間やどうぶつたちとの触れ合いイベントの予約も調べておくのをお忘れなく。

 

第1位:カップヌードルミュージアム 横浜

「カップヌードルミュージアム 横浜」外観
「カップヌードルミュージアム 横浜」外観

第1位は「カップヌードルミュージアム 横浜」でした。インスタントラーメンにまつわるさまざまな展示や体験工房など通じて、発明・発見の大切さやベンチャーマインドに触れることができる施設です。

自分だけのカップヌードルを作ることができる「カップヌードルミュージアム 横浜」外観
自分だけのカップヌードルを作ることができる「
マイカップヌードルファクトリー」

1番人気は「マイカップヌードルファクトリー」。世界で1つだけのオリジナル「カップヌードル」を作ることができる工房です(1食税込500円)。

「自由研究も兼ねて自分だけのカップヌードルを作りたい」(東京都/40代女性)、「自分オリジナルのカップラーメンが作れるから。小学生なら絵を描けるようになっているだろうし、良い思い出になるはずだから」(東京都/20代女性)、「自分でカップヌードルの具材を選べたり、蓋にお絵描きもできるオリジナルカップヌードルが作れるので自由研究とかにもなるかなと思いました」(東京都/20代女性)と、「自由研究のテーマになれば」という声が上がりました。

「マイカップヌードルファクトリー」を体験するには「整理券」または「マイカップヌードルファクトリー利用券つき入館券」が必要となります。当日の参加枠に空きがある場合、当日受付(先着順)でも整理券を入手できますが、事前にローソンチケットで「マイカップヌードルファクトリー利用券つき入館券」を購入しておくと、待ち時間を減らせます。

※回答者のコメントは原文ママです


>10位までのランキング結果を見る
 


この記事の執筆者:田辺 紫 プロフィール
神奈川県在住コピーライター。2001年2月より総合情報サイト「All About」で横浜ガイドを務める。2009年4月、第3回かながわ検定 横浜ライセンス1級取得。
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化