話題の「スペーシアX」だけじゃない、首都圏を走るカッコいい電車6選! デザインで“推し”を発掘

この夏は「スペーシアX」がデビューして話題ですが、デザインに注目すると、首都圏を走る電車をもっと楽しめます。“推し”を発見すれば、鉄道の旅のみならず毎日の通勤通学がグッと楽しくなるはずです。

メーカーのインハウスデザイナーによるフラッグシップ特急

2023年夏にデビューした東武鉄道「スペーシアX」。浅草から日光に向かう
【1/15枚】2023年夏にデビューした東武鉄道「スペーシアX」。浅草から日光に向かう
 
「スペーシアX」の先頭車両。ボディカラーは日光東照宮陽明門に塗られた胡粉(ごふん)の色をイメージしたやや青みがかった光沢のある白
【2/15枚】「スペーシアX」の先頭車両。ボディカラーは日光東照宮陽明門に塗られた胡粉(ごふん)の色をイメージしたやや青みがかった光沢のある白
 
浅草駅に停車中のスペーシアXのコンパートメント(個室)のインテリア。固定されたソファとローテーブルで構成されている
【3/15枚】浅草駅に停車中のスペーシアXのコンパートメント(個室)のインテリア。固定されたソファとローテーブルで構成されている
 

建築家のアイデアで今までに見たことのない電車を実現

半径1500ミリの3次曲面のフロントガラスは国内の列車初。艶消しのシルバー塗装の車体に山間部では木々のグリーンや空が映り込む
【4/15枚】半径1500ミリの3次曲面のフロントガラスは国内の列車初。つや消しのシルバー塗装の車体に山間部では木々のグリーンや空が映り込む
 
窓の大きさは横1580ミリ、縦1350ミリという大開口で秩父エリアの森林の景色を楽しむことができる。座席の黄と車体の銀の組み合わせは西武線通勤電車の旧101系などを連想させる
【5/15枚】窓の大きさは横1580ミリ、縦1350ミリという大開口で秩父エリアの森林の景色を楽しむことができる。座席の黄と車体の銀の組み合わせは西武線通勤電車の旧101系などを連想させる
 

デザインでブランド力を上げる総合的なプロジェクト

JR線への乗り入れ車両として開発された12000系。フロントのグリル調のデザインと濃紺の車体が落ち着いた雰囲気を醸す
【6/15枚】JR線への乗り入れ車両として開発された12000系。フロントのグリル調のデザインと濃紺の車体が落ち着いた雰囲気を醸す
 
「YOKOHAMA NAVYBLUE」塗装の新型第1号となった2018年デビューの相鉄・20000系。12000系と違い先頭に地下鉄運用時用の貫通扉があるのが特徴
【7/15枚】「YOKOHAMA NAVYBLUE」塗装の新型第1号となった2018年デビューの相鉄・20000系。12000系と違い先頭に地下鉄運用時用の貫通扉があるのが特徴
 
「YOKOHAMA NAVYBLUE」塗装の新型第1号となった2018年デビューの相鉄・20000系。12000系と違い先頭に地下鉄運用時用の貫通扉があるのが特徴
【8/15枚】既存車両のライト位置などを変更し紺色にリニューアルされた相鉄・10000系(2019年運用開始)
 

日本を代表する建築家が設計したリミテッド・エクスプレス

小田急ロマンスカーらしい赤く展望席のある「GSE」
【9/15枚】小田急ロマンスカーらしい赤く展望席のある「GSE」
 
地下鉄。千代田線を走る60000系ロマンスカー「MSE」(2008年運行開始)
【10/15枚】地下鉄・千代田線を走る60000系ロマンスカー「MSE」(2008年運行開始)
 
17年という短い運用期間で惜しまれながら引退したロマンスカー50000系VSE。展望席の曲面ガラスが美しい
【11/15枚】17年という短い運用期間で惜しまれながら引退したロマンスカー50000系「VSE」。展望席の曲面ガラスが美しい
 
この夏「機械遺産」に選ばれたロマンスカー・SE(3000形)。1957年から1992年まで運用
【12/15枚】この夏「機械遺産」に選ばれたロマンスカー・SE(3000形)。1957年から1992年まで運用
 

 おなじみの山手線も! フェラーリのカーデザイナーが設計

車体の色は光沢のあるシャンパンベージュ。吊り目の顔とともにスピード感を感じさせるシャープな佇まい
【13/15枚】車体の色は光沢のあるシャンパンベージュ。つり目の顔とともにスピード感を感じさせるシャープなたたずまい
 
山手線に導入されているE235系山手線。工業製品的な外観が魅力的
【14/15枚】山手線に導入されているE235系山手線。工業製品的な外観が魅力的
 

ファッション界の巨匠がプロデュースした成田空港へ向かう特急

流線型はファッション性ではなく日本最速の時速160kmを出すための必然の形
【15/15枚】流線型はファッション性ではなく日本最速の時速160キロを出すための必然の形

<本文に戻る

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】