35℃超の「猛暑日」でも、エアコンの設定温度はいつもと同じで良いの?【家電のプロが解説】

猛暑日はエアコンの設定温度を下げたくなりますが、節電観点ではどうしたら良いのでしょうか。「All About」白物・美容家電ガイドの田中真紀子が回答します。

35℃超の「猛暑日」でも、エアコンの設定温度はいつもと同じで良いの?
35℃超の「猛暑日」は、エアコンの設定温度をどうすれば良い?

2023年の夏は例年よりも平均気温が高く、8月以降も厳しい暑さが続いています。35℃を超えるような猛暑日はエアコンの設定温度を下げたくなりますが、節電観点ではどうしたら良いのでしょうか。
 

快適にエアコンを使用しつつ電気代を抑えるコツについて、「All About」白物・美容家電ガイドの田中真紀子が回答します。

(今回の質問)
35℃を超える猛暑日でもエアコンはいつもの設定温度でいい?

 

(回答)
猛暑日は冷房効率が悪くなるので、まずは風量をアップしてみて。どうしても暑ければ設定温度を下げてみましょう。


以下で詳しく解説していきましょう!
 

猛暑日は冷房効率が悪くなる

エアコンは室内の熱を室外機から排出していますが、外の温度が高くなると、熱を排出しにくくなります。その結果、冷房効率が落ちてしまうのです。
 

そんな時は、まず風量を上げて、部屋の中にしっかりと風を送ってみるのも1つのやり方です。それでもなかなか涼しくならない場合には、体感温度に合わせて設定温度を下げてみましょう。
 

エアコンには運転保証温度というものがあり、日本産業規格(JIS)では外気温43℃で一時間の連続運転が可能であるとされています。実際に43度になることはそうありませんが、室外機の周りは結構熱がこもりますので、43度どころか直射日光が当たるとさらに上がってしまう可能性もあります。
 

するとどうしても効率が落ちてしまうので、専門家に相談して室外機の置き場所を日陰に変えたり、日除けをしたり、工夫は必要です。最近は50℃にも耐えられる室外機も出てきていますので、今後のことも考えてそうした猛暑対応のエアコンを選択するのも選択肢の1つかもしれませんね。
 

室外機に水をかけるのはNG

室外機の暑さ対策で水をかけるという人もいますが、メーカーは推奨していません。もちろん雨には耐えられますが、わざわざ水をかけてしまうと下側から内部に水が入ってしまう危険もあります。
 

故障の原因にもなりますので、室外機自体には水をかけず、周りに打ち水をしてみるなどが良いかと思います。
 

動画でも解説! 35℃超の「猛暑日」でも、エアコンの設定温度はいつもと同じで良いの?

 

この記事の筆者:田中 真紀子
白物家電、美容家電の専門家兼ライターとして活躍。日々発売される新製品をチェックし、製品の紹介記事やレビュー記事を雑誌やWeb、新聞などで紹介している。日常的にも話題の新製品を使うことで、ライフスタイルに合わせた選び方や、上手な採り入れ方の提案も行っており、テレビ出演も多数。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • AIに負けない子の育て方

    多様化する中学受験…実施校が爆増した「新タイプ入試」「英語入試」に受かるのはどんな子か

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    日本人には日常すぎて衝撃! 外国人が「最高に素晴らしい!」と称賛する日本のいいところ厳選3

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても