56歳パート女性、総貯金額3000万円。「子供を産んでいればよかったかもしれません」と語る理由

All About編集部は、55歳以上の人を対象に「若いうちにやっておけばよかった」と後悔していることや現在の仕事の内容、貯金額などを調査しました。今回は、香川県在住・56歳女性のエピソードを紹介します。


皆さんは、人生の中で後悔していることはありますか? 「あの時、もっと経験しておけばよかった」「失敗を恐れずに挑戦しておけばよかった」と感じることは、誰にでも1つや2つはあるのではないでしょうか。

All About編集部は、2023年5月29日〜6月12日の期間、55歳以上の人を対象に「若いうちにやっておけばよかったと思うこと」についてアンケート調査を実施。20〜40代で後悔していることや、現役時代および現在の仕事の内容、貯金額などについて聞きました。

今回は、香川県在住・56歳女性のエピソードを紹介します。
 

回答者のプロフィール&仕事の状況

回答者本人:56歳女性
属性(婚姻歴など):既婚、子どもなし
雇用形態:パート・アルバイト
職種:コーヒー豆店の販売スタッフ
現在の年収:70万円
現在の総貯金額:3000万円

今までに、電子機器メーカーの営業事務や市役所の納税課窓口などさまざまな職種を経験している回答者。現在の具体的な仕事内容については「珈琲豆店で、珈琲豆やお菓子、コーヒーを入れる際に使用する機器等の接客販売をしています。試飲コーナーと称した喫茶部のフロアも担当しています」と回答しました。
 

出産に後悔を示しつつも、「人生に無駄はない」と語るワケ

回答者が若いうちにやっておけばよかったと感じていることは「もっと恋愛して、早いうちに結婚して、子供を産んでいればよかったかもしれません」と明かしました。

一方で、若いうちに頑張っていたけど今になって思えば“やらなくてよかった”と感じることを聞くと、「人生に無駄はないと思っているので、特にありません」と力強い回答が。

また、今までの人生を振り返って、年代別に後悔していることについても聞きました。20〜30代で後悔していることは、「反省はしても、後悔することはない生き方をしているので、特にありません」と語った回答者。

40代も同様に「後悔することはない生き方をしてきた」と話しつつ、「自分自身のこと以外であれば、夫が退職する際に、もっと話し合えばよかったかな、と感じています」と続けました。
 

これからの人生の目標は「心豊かにきちんと生き抜くこと」

まさに“人生に悔いなし”の言葉がぴったりな回答者に、これから新しく始めたいことを尋ねると、「バレエとホットヨガは大人になってから始めて10年ほど続けましたが、コロナの影響で辞めざるを得ませんでした。もうバレエは体力的にきついので、まだ再開してはいませんが、ヨガやピラティスをしてみたいです」と、体を動かすことへの興味を示しました。

さらに、“人生でこれだけはやっておきたい”と思うことは「会いたい時に会いたい人に会うこと、行きたい時に行きたいところへ行くこと、見たいものを見て、食べたいものを食べ、心豊かにきちんと生き抜くことです」とのことです。

仕事でもさまざまな経験をし「人生に無駄はないと思っている」と言い切った回答者だからこそのコメントのように感じますね。


※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:福島 ゆき プロフィール
アニメや漫画のレビュー、エンタメトピックスなどを中心に、オールジャンルで執筆中のライター。時々、店舗取材などのリポート記事も担当。All AboutおよびAll About NEWSでのライター歴は5年。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も