65歳男性、商社営業、総貯金額2000万円。50代から「株式投資」を始めた回答者に聞く、今後の人生の目標

All About編集部は、55歳以上の人を対象に「若いうちにやっておけばよかった」と後悔していることや、現役時代および現在の仕事の内容、貯金額などの実情を調査。 今回は、兵庫県在住・65歳男性のエピソードを紹介します。


皆さんには、「若いうちにやっておけばよかった」と後悔していることはありますか? 仕事、人間関係、恋愛、結婚……人生の中で後悔していることがあるからこそ、今後の人生では悔いを残さないようにと新しい挑戦ができるのかもしれませんね。

All About編集部は、2023年5月29日〜6月12日の期間、55歳以上の人を対象に「若いうちにやっておけばよかったと思うこと」についてアンケート調査を実施。20〜40代で後悔していることや、現役時代および現在の仕事の内容、貯金額などについて聞きました。

今回は、兵庫県在住・65歳男性のエピソードを紹介します。
 

回答者のプロフィール&仕事の状況

回答者本人:65歳男性
属性(婚姻歴など):既婚、子どもあり
雇用形態:契約社員
職種:商社の営業職
現在の年収:500万円
現在の総貯金額:2000万円

具体的な仕事内容は「特殊紙・不織布の原料繊維やシートの販売、それらのシートに付加価値を付与した開発商品の販売などをしております」と回答しました。
 

若いうちに「ポテンシャルを高めておきたかった」

若い頃に頑張っていたけど“やらなくてよかった”と感じていることを聞くと「仕事に必要だったから英語の勉強をせざるを得なかったのですが、ダラダラやらずに短時間で済ませて他の勉強をしておけば良かったです。英語の勉強に時間を取られ過ぎたと思います」と語りました。

一方、若いうちに“やっておけばよかった”と感じていることは、「色々な資格取得のための勉強をやってポテンシャルを高めておけば良かったと思います」との回答が。

そんな回答者が、20〜30代で後悔していることは「毎日毎日深酒していました。毎日ではなく、飲まずに勉強する日を確保するべきでした」と話し、やはり、勉強時間を確保しなかったことについての後悔を明かしました。
 

これからの人生で「自分なりの株式投資術を確立したい」

40代で後悔していることについては、「海外出張が多くて、健康管理がずさんでした。特に歯槽膿漏防止のケアをもっとしていたら、年取ってから過剰なケアをせずに済んだと思います」と告白。

そんな回答者が、50代から新しく始めたのは「株式投資」だといいます。さらに、これからの人生で「自分なりのスタンスでの株式投資術を確立したいです」と、株式投資への意欲も示しました。どの年代においても勉強することに意欲的な回答者だからこそのコメントのように思えますね。


※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:福島 ゆき プロフィール
アニメや漫画のレビュー、エンタメトピックスなどを中心に、オールジャンルで執筆中のライター。時々、店舗取材などのリポート記事も担当。All AboutおよびAll About NEWSでのライター歴は5年。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ボーはおそれている』を見る前に知ってほしい「4つ」のこと。アリ・アスター監督が常に描くものは何か

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」