無印良品の塩トマト飴で“かわいく”塩分補給!? 塩タブレットに飽きた人にもおすすめ【元社員が紹介】

衣服雑貨や食品はもちろん、大型家具から家電までそろうブランド・無印良品。そんな無印良品の新商品は、登場するたびに注目を集めています。無印良品で勤務歴のある筆者が、夏におすすめな見た目も愛らしい「塩トマト飴」を紹介。


衣服雑貨や食品はもちろん、大型家具から家電までそろうブランド・無印良品。そんな無印良品の新商品は、登場するたびに注目を集めています。無印良品で勤務歴のある筆者が、おすすめアイテムをこっそり伝授します。

今回は、夏におすすめな見た目も愛らしいお菓子をご紹介!

 

塩タブレットならぬ「塩トマト飴」で塩分チャージ



無印良品から発売されている、塩トマト飴。トマト果汁と塩を生地に練り込み、まるで本物のトマトのような見た目に仕上げられています。

なんと、職人が手作業で1本1本模様を作り、棒状に伸ばした飴をカットして作られたのだとか! 飴玉ごとに異なる見た目と模様は、手作業ならではの味わいです。

 

かわいい見た目と本格的なトマト味

まず特徴的なのが、そのかわいらしい見た目。赤色と黄緑色のバランスが1つ1つ異なっています。そして口に入れてみると、味があまりにもトマトそのもの。ジューシーであまじょっぱい、塩トマトの風味がポイントです。

ちなみに私は、学生時代の部活動での習慣から塩タブレットをなめていました。しかし、その多くはしょっぱいだけの単調な味……。少し飽きを感じていたとき発売された「塩トマト飴」のとりこになりました。

 

持ち歩きにも便利な個包装がうれしい



さらに、無印良品の「塩トマト飴」のポイントは個包装であること。バッグに入れたり、仕事場に置いたりしてどこでもポイっと口に入れて楽しめます。

私も愛用ポーチに忍ばせており、通勤時のリフレッシュに、オフィスでの休憩時間に、手軽に塩分補給できる優れもの。これからの熱中症対策に、手放せないお菓子となりそうです。

 

「塩トマト飴 75g」190円


※価格は全て税込

この記事の筆者:花輪えみ プロフィール
千葉県出身。ライター/編集者。記名ライター歴8年目。株式会社良品計画で、売上管理・情報配信を担当。女性向けサイト編集、兼業ライターを経て現在フリー。おもにインタビュー記事や漫画書評、旅行コラムを執筆。趣味は散歩。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も