「茨城県出身」の好きな芸能人ランキング! 2位「磯山さやか」、1位は?

All About編集部は、「茨城県出身の芸能人」に関する独自のアンケート調査を実施。「茨城県出身」の好きな芸能人ランキングで1位に選ばれたのは?(サムネイル画像出典:磯山さやかさんの公式Instagram)

テレビや映画、音楽などで活躍する芸能人は、出身地にもファンが多く、地元主催のイベントなどに呼ばれることも。自分と同じ出身地ということで、その芸能人を応援している人もいるのではないでしょうか?
 

All About編集部は6月12日~7月11日、全国10~60代の421人を対象に「茨城県出身の芸能人」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から「茨城県出身の好きな芸能人」ランキングを紹介します。
 

>10位までの全ランキング結果を見る
 

2位:磯山さやか

2位には、タレントや俳優として活躍する磯山さやかさんがランクイン、茨城県鉾田市出身の磯山さんは、テレビなどでたびたび地元愛を語っています。2006年には「いばらき大使」、2008年には地元の鉾田市から初代「鉾田大使」に任命されたことも。
 

癒し系のビジュアルと言動が人気で、数多くのバラエティ番組に出演しています。俳優としてもドラマや映画に出演し、最近では2023年6月公開の映画『愛のこむらがえり』で18年ぶりに主演を担当して話題を集めました。
 

回答者からは、「頑張っていると思うからテレビでよく観るので」(50代女性・三重県)、「都会的ではなく地方臭が適度に感じられるからです」(40代女性・千葉県)、「おいしそうにゴハンを食べる姿に好感がもてます」(40代女性・栃木県)などの意見が寄せられました。
 

1位:渡辺直美


1位は、お笑いタレントや俳優として活躍する渡辺直美さんでした。台湾生まれで茨城県石岡市育ちの渡辺さんは、2008年に出演した『新春大売出し!さんまのまんま』(フジテレビ系)で披露した「ビヨンセ」のものまねで注目を集めることに。その後、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)での「いいとも少女隊」や、『ピカルの定理』(フジテレビ系)などへの出演で大ブレークを果たします。
 

俳優業でもドラマや映画で活躍し、特に同性から圧倒的な支持を得てInstagramのフォロワー数は2023年7月17日時点で997万人を突破。現在は、海外を中心にインフルエンサーとして活躍することが多く、7月5日にもアメリカ・ニューヨークでの生活を公開したばかり。あまり日本にいない印象の渡辺さんですが、2022年には「台湾いばらき宣伝大使」に就任したことが公表されています。
 

回答者からは、「見ていて楽しい、ファッションも素敵」(30代女性・福井県)、「同じ市出身で、人柄もよく、愛着が湧いている」(20代女性・茨城県)、「良くテレビ等で見かける事があり、個性的な有名人だからです」(40代男性・茨城県)などの意見が寄せられました。

※回答者のコメントは原文ママです
 

この記事の筆者:ゆるま 小林

長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。

 

>10位までの全ランキング結果を見る
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」