「もう体力も気力もない」57歳女性、貯金1億2000万円。人生でどうしてもやっておきたいことを聞いた

All About編集部は、55歳以上の人を対象に「若いうちにやっておけばよかったこと」に関するアンケート調査を実施。人生の後悔、50代以降で新しく始めたことなど、回答者のリアルな声に迫りました。本記事では57歳女性のエピソードを紹介します。


All About編集部は、2023年5月29日~6月12日の期間、55歳以上の人を対象に「若いうちにやっておけばよかったと思うこと」についてアンケート調査を実施。20~40代で後悔していることや、現役時代および現在の仕事の内容、貯金額などについて聞きました。

今回は、三重県在住・57歳女性のエピソードを紹介します。
 

回答者のプロフィール&仕事の状況

回答者本人:57歳女性
属性(婚姻歴など):独身、子どもなし
現役時代の職種:金融業界のプロダクトマネジメントなど
現役時代の年収:1200万円
現在の年収:200万円(障害年金170万円、利息・配当収入30万円)
現在の総貯金額:1億2000万円

現役時代の具体的な仕事内容は「ローン商品の企画・管理・運営、バックオフィスの業務プロセスの見直し・コスト削減プロジェクトの実行・リスク軽減提案、お客様相談室の責任者としてハードクレームの処理」とのことです。
 

「20~30代は勉強と仕事ばかり」仕事中心の人生を振り返り……

若いうちに頑張っていたけどやらなくてもよかったと感じていることを聞くと、「長時間かかる仕事のかけもち、残業代が出ない部下をかばっての仕事の1人抱え」と話してくれました。

仕事に励んだ人生を振り返る回答者。20~30代は勉強と仕事ばかりしていて、趣味を我慢していたのだそうです。「遊ぶ暇もお金もなくて世間をあまり見なかったこと」を後悔しているといいます。

さらに40代では、長時間労働の末に過労うつになったことを明かし、我慢して仕事を続けてうつが悪化。「15年以上たった今も治らない」とのことです。

50代以降で新しく挑戦したことについて聞くと、「新しいことを始める体力も気力もない」と、胸の内を明かしました。
 

人生でやっておきたいことは「見たい遺跡のある国への旅行」

回答者が、人生でこれだけは“どうしてもやっておきたい”と思うことは「見たい遺跡のある国への旅行」だといいます。理由として「年をとって体力・気力も落ち、病気も悪化してきた今、あの遺跡たちを見ておかないと、死ぬときに人生を悔やむことになる」と、遺跡への熱い思いを話してくれました。

長きにわたり仕事に打ち込んで頑張ってきた回答者だからこそ、念願の旅行で見たかった景色を見たときに、想像もできないほどの感動が待っているのかもしれません。健康に気遣いながら、悔いが残らない人生になるために行動する原動力を探し続けたいものですね。


※回答者のコメントは原文ママです
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた