29歳女性、職業はYoutuber。母親と岡山県の実家で2人暮らし。現在の年収と総貯金額は?

All About編集部は、現在実家暮らしをしている人を対象に、実家暮らしの実情や生活費の関するアンケート調査を実施。本記事では、Youtuberとして活動しながら母親と2人で実家に在住する29歳女性のエピソードを紹介します。


コロナ禍を経て、リモートワークが普及したことで通勤の必要がなくなり、実家暮らしを選ぶ人も増えているのではないでしょうか。

All About編集部は、2023年5月29日~6月12日の期間、現在実家暮らしをしている人を対象にアンケート調査を実施。毎月の生活費や貯金額、実家暮らしをしている理由などを聞きました。

今回は、岡山県岡山市在住・29歳女性のエピソードを紹介します。
 

回答者のプロフィール&実家の状況

回答者本人:29歳女性
在住:岡山県岡山市
家族構成:親1人、自分
世帯年収:母親200万円、自分200万円
実家の間取り:1軒家7LDK
職業:YouTuber
 

毎月の生活費や貯金額は?         

実家に入れている生活費:10万円
交際費:0円
毎月のお小遣い:5万円
毎月の貯金額:5万円
貯金総額:100万円

総務省統計局が発表した「家計調査報告 家計収支編(2021年)」によると、34歳以下の女性の1カ月の平均消費支出は16万3767円です。そのうち、住居費の平均は3万8400円。ただし、家賃などは地域や条件によって異なるため、住居費を除いた約12万5000円程度が回答者の属性に近い平均生活費ということになります。

実家を出る予定の有無を聞くと「ない」と回答。その理由は「母子家庭なので、なるべく一緒に住んで母の面倒を見るつもりなため」と話しました。
 

実家暮らしの理由は「母を一人にさせる選択肢は無いからです」

実家暮らしを選んでいる具体的な理由は「母子家庭で母娘二人三脚で今まで生きてきて、母に返さないといけない恩も沢山あり、母を一人にさせる選択肢は無いからです」と回答。また、現在は結婚願望は「皆無」だと回答したものの、「恋愛は気のむくままにという感じ」とも続けました。

実家暮らしで苦労していることを聞くと「苦労というほどではないかもですが、母も歳を取って少し覚えが悪くなったせいもあり、生活の中で私が頼んだ『こうしておいて』が中々忘れたりすることが多く、不都合な事があることくらいです」と明かしました。

実家暮らしを続けることで、母親を1人にさせたくない、という気持ちが強いようです。また、Youtuberは在宅でできる職業ということもあり、実家暮らしを選ぶ人も多いのかもしれませんね。


※回答者のコメントは原文ママです
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」