好きな「宮崎駿監督作品」ランキング! 2位は『天空の城ラピュタ』、1位に輝いたのは?

All About編集部が実施した「ジブリ監督」に関するアンケート調査結果を発表! 全国10~60代が選ぶ「好きな宮崎駿監督作品」ランキングで、2位『天空の城ラピュタ』を抑えた1位とは?(サムネイル画像出典:スタジオジブリ公式画像より)

『天空の城ラピュタ』(スタジオジブリ公式画像より)
(C)1986 Studio Ghibli

数々の名作アニメーション映画を送り出してきたスタジオジブリ。7月14日には、ついに宮崎駿監督の新作『君たちはどう生きるか』が公開されます。宮崎駿さんが監督した長編作品の新作は10年ぶり。世界中のファンがジブリ作品に再注目しています。

All About編集部は「ジブリ監督」に関する独自調査を実施。同調査は、全国の10~60代の男女349人を対象にインターネット上で行いました(調査期間:6月20日~7月4日)。本記事では、その中から「好きな宮崎駿監督作品」ランキングを紹介します。

>10位までのランキング結果
 

2位『天空の城ラピュタ』(113票)

2位にランクインしたのは『天空の城ラピュタ』。1986年に公開され、テレビで何度も放送されている人気作品です。波乱万丈の冒険ストーリーや世界観、印象に残るキャラクターもさることながら、印象的な音楽や映像、さらには癖になってしまうセリフまで魅力がたっぷり詰まっています。

回答者からは「子どもの頃から好きで、大人になるとまた違った楽しみ方ができるようになった作品(39歳女性)」「天空の城ラピュタはバズーとシータが出会い、様々な冒険を繰り広げる物語。すごく惹きつけられるし、何回見ても飽きないので名作だと思います(39歳男性)」など、何度見ても新しい魅力が見つかるという声が寄せられました。

 

1位『となりのトトロ』(134票)

堂々の1位に輝いたのは、1988年に公開されたジブリ作品『となりのトトロ』でした。サツキとメイの姉妹が、引っ越し先で不思議な生き物・トトロやネコバスに出会うファンタジー。ディズニー映画『トイ・ストーリー3』にもトトロが登場するなど海外にも広く浸透し、スタジオジブリの象徴ともいえる作品です。

回答者からは「登場人物やキャラクターがかわいい。子供が小さかった時に一緒に楽しんで視聴し、印象深い(51歳男性)」「何度見てもワクワクするから。まっくろくろすけなどの登場人物が可愛い。夏休みに見たいジブリ作品(34歳女性)」といった、世代を超えて愛されるキャラクターや世界観を絶賛するコメントが多く集まりました。

※回答者のコメントは原文ママです

>次ページ:10位までのランキング結果を見る

この記事の筆者:花輪えみ プロフィール
千葉県出身。ライター/編集者。記名ライター歴8年目。女性向けサイト編集、兼業ライターを経て現在フリー。おもにインタビュー記事や漫画書評、旅行コラムを執筆。趣味は散歩。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」