「青森県出身」の好きな芸能人ランキング! 2位「松山ケンイチ」、1位は?

All About編集部では、全国10~70代の439人を対象に「青森県出身の芸能人」に関するアンケート調査を実施! この記事では「青森県出身の好きな芸能人ランキング」を発表します。(サムネイル画像出典:映画『大名倒産』公式Instagramより)

All About編集部は5月29日~6月19日、全国10~70代の439人を対象に「青森県出身の芸能人」に関するアンケート調査を実施しました。その結果から今回は「青森県出身の好きな芸能人ランキング」を発表! 回答者から寄せられたコメントと併せて紹介します。
 

>10位までの全ランキング結果を見る
 

2位:松山ケンイチ

2位にランクインしたのは、俳優の松山ケンイチさん。
 

アンケートでは「演技が上手。これは実写化が無理だと思う漫画原作の映画でも絶対といっていいほどハズレがないから(40代女性/京都府)」「演技と普段のギャップがいいから(30代女性/秋田県)」「訛りを隠さないところに地元愛を感じるので、好感が持てます(40代女性/広島県)」などのコメントが寄せられました。
 

松山さんは、むつ市の出身。2002年にドラマ『ごくせん』(日本テレビ系)で俳優デビューを果たすと、映画『デスノート』シリーズ、『デトロイト・メタル・シティ』『ノルウェイの森』など数々の作品で活躍してきました。2023年はNHK大河ドラマ『どうする家康』や、映画『ロストケア』『大名倒産』などに出演。また、2022年に続きコンビニ大手「ローソン」のCMキャラクターを務めています。
 

6月27日には全国のローソンで「松山店長故郷の味 ニンニク味噌おにぎり」(税込149円)が発売に。松山さんの祖母お手製のニンニク味噌の味わいを再現したもので、考案者である松山さんもその仕上がりに「完璧です」と太鼓判を押していました。同商品は数量限定で販売されたようですが、SNSでは定番化を希望する声も上がるなど人気を集めたようです。
 

1位:王林

1位に輝いたのは、王林さんでした。
 

アンケートでは「可愛くて一生懸命そうなところや根が真面目そうなところ、方言の可愛さが好きです(40代女性/東京都)」「裏表がない感じがして好感がもてる(30代女性/宮城県)」「全国区に進出する前から、青森で一生懸命活動している様子に感心していました。今もとても忙しいだろうけれど、青森の事を考えて活動していて、本当に青森の宝だと思っています(50代女性/青森県)」などのコメントが寄せられました。
 

王林さんは弘前市の出身。2013年からアイドルグループ「りんご娘」に加入し、2022年3月に卒業するまでリーダーとして活動しました。
 

現在はバラエティ番組『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)で金曜日レギュラーを務めるなど、バラエティ番組を中心に活躍中。また、「ローソン」のCMで松山ケンイチさんと共演しており、2023年6月に行われたイベントでは、松山さんと共に“青森訛り”を交えたトークを展開していました。
 

そんな王林さんは、「夢は青森県知事」と語るなど大きな地元愛の持ち主として有名。2023年4月23日には自身が手掛ける青森発ファッションブランド「What is Heart(わいは)」の始動を報告し、Instagramで「青森のことを考えてると永遠に色んなやりたいこととかが浮かんで、青森の可能性って無限だなっておもいます」とつづりました。王林さんの挑戦はまだまだ続きそうな予感。これからの活躍も楽しみですね!
 

※回答者コメントは原文ママです
 

>10位までの全ランキング結果を見る

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化