税金トラブル巡り引退発表した260万人超YouTuber、一転撤回へ。「YouTube頑張ることにしました」

税金トラブルにより国税庁の査察が入ったYouTuberのがーどまんさん。7月6日に公開した動画内でYouTube引退を発表していましたが、9日に自身のTwitterで引退を撤回。その心境変化とは?(画像サムネイル出典:がーどまんさんInstagramより)

YouTuberのがーどまんさんが7月9日、自身のTwitterを更新。6日に公表した引退宣言を撤回し、YouTube活動続行の意思を示しました。
 

【実際の投稿:がーどまん、「YouTube頑張ることに」引退撤回】
 

「家族とか国税の人に迷惑かけてしまって本当申し訳ない」

6日、自身のYouTubeチャンネル「チャンネルがーどまん」で、「最初は怒りが勝ってしまって」「自分で突っ走ってしまって」「家族とか国税の人に迷惑かけてしまって本当申し訳ない」と謝罪し、「YouTube引退しようと思います」と話していたがーどまんさん。
 

「ガチで心配になるやつ、解散しないでくれ」「ほんとに辞めないで」「心の整理ができるまで、いつでも待ってます」「いつも通りネタでありますように」など、動画にはがーどまんさんを案じる声や「ネタ」と信じたいという声があふれました。
 

MY、愛車「スープラ」を売却

動きがあったのは9日、同チャンネルに1本の動画が上がりました。がーどまんさんと共に活動するMYさんが、愛車のトヨタ「スープラ」を売却した400万円を、税金支払いのためにがーどまんさんへ渡すという内容。がーどまんさんは、「めっちゃありがたい」「気持ちで大丈夫やから」「俺もう納めてるから 払うやつはないから」とキレも健在な様子。そしてMYさんから「もう1回YouTube一緒にやってくれへん」と握手を求められ、「よろしく」と手を出しつつも握手を交わさず“エア握手”を2人は交わしました。
 

同日、がーどまんさんはTwitterで「色々ありましたがMY君のおかげでYouTube頑張ることにしました。心配かけて本当にすみませんでした」と、YouTube引退を撤回。今後もMYさん、山ちゃんと共にYouTuberとして頑張っていくようです。
 

ファンからは、「それを待ってたよ」「愛を感じた」「物は壊れても壊れない絆最高」「嬉しすぎ」など、「おかえりチャンネルがーどまん」と復活を喜ぶ声であふれました。ここからがーどまんさんたちが、どのような活躍を見せてくれるのか、注目が集まりそうです。

 



>次ページ:関連投稿をもっと見る!
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」