実は「バツ3以上」と聞いて驚いた有名人ランキング! 2位「蜷川実花」、1位は?

All About編集部では、全国10~70代の500人を対象に「離婚経験のある有名人」に関するアンケート調査を実施。「実はバツ3以上と聞いて驚いた有名人」ランキングをご紹介します。(サムネイル画像出典:蜷川実花さん公式Instagramより)

All About編集部は6月19~28日、全国10~70代の500人を対象に「有名人の離婚」に関する独自アンケートを実施。本記事ではその中から、元テレビ局スタッフの筆者が「実はバツ3と聞いて驚いた有名人」ランキングを紹介します。

>13位までの全ランキング結果を見る
 

2位:蜷川実花

2位は、写真家・映画監督として活動する蜷川実花さんです。演出家・映画監督として有名な蜷川幸雄さんの娘で、20代で「木村伊兵衛写真賞」を受賞するなど、早くから注目されました。

2010年には、AKB48の『ヘビーローテーション』のプロモーションビデオの監督を担当し、映像作家としても注目を集めます。2007年に映画『さくらん』で初の映画監督を務めると、その後は映画『ヘルタースケルター』『人間失格 太宰治と3人の女たち』などを撮影。2023年に入ってからは、ミニーマウスの写真集『BLOOMING COLORS』(講談社)を4月10日に発売しています。

そんな蜷川さんは、自身がバツ3であることをSNSでも公表。Instagramでは、子どもを出産したことなどを明かしています。

回答者コメントでは、「結婚も離婚したことも知らなかった」(愛媛県/50代男性)、「独身貴族に見える」(福岡県/30代女性)、「私生活のイメージが全くつかないので」(福岡県/30代女性)といった声が寄せられました。
 

1位:アントニオ猪木

1位は、プロレスラーや政治家として活躍したアントニオ猪木さんです。猪木さんは、伝説のプロレスラー・力道山にスカウトされ、1960年にプロレスデビュー。1972年に「新日本プロレス」を旗揚げすると、数々の名勝負を残し国民的な人気を獲得します。バラエティ番組に出演するなど、タレントとしても愛されていました。

1998年に現役を引退してからは、政治家として参議院で活躍。2022年10月1日に、心不全のため79歳で惜しまれながらもこの世を去りました。そんな猪木さんは、2017年の誕生日に4度目の結婚をしたといわれています。

アンケートの回答者コメントでは、「バツ3て単純にすごいと思う。魅力があるんだろうな」(静岡県/40代女性)、「第一線でプロレスをしており、結婚のイメージが湧かなかった」(埼玉県/20代女性)、「元気がありすぎた可能性がありますね」(石川県/30代男性)といった声が寄せられました。

※回答者からのコメントは原文ママです

>13位までの全ランキング結果を見る

この記事の筆者:ゆるま 小林 プロフィール
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴