実は「バツイチ」と聞いて驚いた男性有名人ランキング! 2位「満島真之介」、1位は?

All About編集部では、全国10~70代の500人を対象に「離婚経験のある有名人」に関するアンケート調査を実施。「実はバツイチと聞いて驚いた男性有名人」ランキングをご紹介します。(サムネイル画像出典:満島真之介さん公式Instagramより)

有名人の離婚は、さまざまな媒体で大きく報じられます。ただ、中にはひっそりと離婚している有名人もいるので、「いつの間にかバツイチになっている!」と後から知るケースもあります。

All About編集部は6月19~28日、全国10~70代の500人を対象に「有名人の離婚」に関する独自アンケートを実施。本記事ではその中から、元テレビ局スタッフの筆者が「実はバツイチと聞いて驚いた男性有名人」ランキングを紹介します。

>18位までの全ランキング結果を見る
 

2位:満島真之介

2位は、俳優の満島真之介さんでした。映画の裏方を経験しながら、2010年に舞台『おそるべき親たち』で俳優デビュー。その後は、NHK連続テレビ小説『梅ちゃん先生』や『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)など、さまざまな作品に出演します。

『全裸監督』(Netflix)や映画『キングダム』などで高い演技力を披露し、2022年には『ナンバMG5』(フジテレビ系)など多くのドラマや映画に出演。どんな役でも演じられる個性派俳優として、幅広い世代から人気を集めています。2023年7月13日からは、『ハヤブサ消防団』(テレビ朝日系)で藤本勘介役を担当予定です。

そんな満島さんは2014年に一般人女性と結婚していますが、2017年6月に離婚していたことを発表しました。

アンケートの回答者からは、「バツイチどころか、結婚しているのも知らなかった」(埼玉県/40代女性)、「あまりプライベートについて聞いたことはないが、明るく性格のよさそうなイメージなのでギャップを感じた」(福井県/30代女性)、「姉弟でバツイチとは知らずますます驚きました」(東京都/30代女性)といった声が寄せられました。
 

1位:GACKT

1位は、ミュージシャンや俳優として活躍するGACKTさんでした。人気バンド・MALICE MIZERのメンバーとして活躍し、1999年にソロ活動を開始。カリスマ的な人気を誇り、CDシングル48枚とアルバム19枚をリリースしています。

独特な世界観が話題を集め、『堂本兄弟』(フジテレビ系)や、全問正解が話題になる『芸能人格付けチェック』(テレビ朝日系)など多くのバラエティ番組にも出演。また、俳優としての評価も高く、主演を務めた映画『翔んで埼玉』では、第43回日本アカデミー賞で優秀主演男優賞を受賞するなど、演技力も認められています。2023年11月23日には、同作の続編が公開予定です。

大活躍しているGACKTさんは、デビュー前の20歳のときに結婚し、3カ月で離婚したことを『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)で告白しています。

回答者からは、「プライベートが一切分からない人だから」(静岡県/30代女性)、「なんとなく一匹狼ぽくて独身を貫いてそうだから」(兵庫県/30代男性)、「結婚しないで自由に生きるのが好きそうだから」(愛知県/30代男性)といった声が寄せられました。

※回答者からのコメントは原文ママです

>18位までの全ランキング結果を見る

この記事の筆者:ゆるま 小林 プロフィール
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応