兵庫県民が選ぶ「住みここち(駅)」ランキング! 2位「芦屋川」、1位は? 【2023年】

大東建託が発表した「いい部屋ネット 街の住みここち&住みたい街ランキング2023<兵庫県版>」。この記事では、兵庫県民が選ぶ「住みここち(駅)」ランキングを紹介します。

駅前風景
芦屋川駅前の風景

大東建託は居住満足度調査を実施し、「いい部屋ネット 街の住みここち&住みたい街ランキング2023<兵庫県版>」を発表しました。

居住満足度調査のデータに基づいたこのランキングは、兵庫県に住む20歳以上の男女37,084名分(※2019~2023年合計)の回答を反映。今回は、公表された結果の中から、「住みここち(駅)」ランキングを紹介します。

>10位までの全ランキング結果を見る

第2位:芦屋川(阪急電鉄神戸本線)

2位に選ばれたのは「芦屋川」駅。駅名にもなっている「芦屋川」は、きれいな桜並木で知られる観光スポット。例年4月頃には「芦屋さくらまつり」が開催され、屋台やステージによって周辺が楽しい雰囲気に包まれます。

芦屋川駅は、宝塚駅や神戸三宮駅、大阪梅田駅などに乗り換えなしでアクセス可能。阪急バス乗り場と阪急タクシー乗り場を併設しており、鉄道以外の交通機関を利用する機会が多い人からも人気が高い駅です。

第1位:夙川(阪急電鉄神戸本線・甲陽線)

1位は「夙川」駅でした。阪急電鉄神戸本線と甲陽線が乗り入れる夙川駅は、1920年に阪急神戸線の駅として設置され、1924年に甲陽線が開通しました。多くの財界人や文人が住んでいた夙川近辺は、古くから美しい街並みで、有名な別荘地として栄えた歴史を持ち、さまざまな文学作品でも取り上げられている自然豊かなエリアです。

夙川駅は、2022年に引き続き1位を獲得しています。交通の利便性と住みやすさを兼ね備えた街として、高い人気を集めています。

>10位までの全ランキング結果を見る

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」