フジ生野陽子アナ、産休の山崎夕貴アナとおそろいコーデでツーショット! 「生野さんの優しい眼差し」

フジテレビのアナウンサー生野陽子さんは7月2日、自身のInstagramを更新。産休に入った、同局の山崎夕貴アナとのツーショットを披露し、話題を呼んでいます。(サムネイル画像出典:生野陽子さん公式Instagramより)※崎はたつさき

フジテレビのアナウンサー生野陽子さんは7月2日、自身のInstagramを更新。産休に入った、同局の山崎夕貴アナとのツーショットを披露しました。※崎はたつさき
 

【実際の投稿:フジ生野アナ、産休の山崎アナとツーショット】
 

「何とも微笑ましいショット」

生野さんは「産休入りした山﨑アナ」とつづり、山崎さんとのツーショット1枚を載せています。生野さんが優しい笑顔を浮かべながら、山崎さんの大きなおなかを触る姿です。また、それぞれ緑色のトップスとワンピースを着用。おそろいの“グリーンコーデ”が印象的です。

コメント欄では「かわいい」「何とも微笑ましいショット」「素敵な先輩後輩」「見ている周りが幸せな一枚」「これは良いショット」「生野さんの優しい眼差し」と、多数の反響が寄せられました。
 

山崎アナ、産休に入ったことを報告

4日、山崎さんはフジテレビアナウンサーの公式Instagramを通じて、「7月から産休に入らせてもらっています」とファンに報告。「組も色々と卒業して、アナウンス室のメンバーにあまり会えなくなる寂しさに打ちひしがれています」と心境もつづっていました。

生野さんは2007年、山崎さんは2010年にフジテレビへ入局。互いにニュース番組やバラエティ番組などを幅広く担当し、活躍を見せています。
 



>次ページ:山崎アナの産休報告も見る
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」