「生活保護を受けたい」月6万3000円の年金で貯蓄200万円、65歳男性が語る年金暮らしのリアル

金融庁の報告書に端を発して話題となった「老後2000万円問題」など、老後の心配事といえばやはりお金。All About編集部が実施したアンケート調査から、福岡県在住65歳男性のケースをご紹介します。

月6万3000円の年金で貯蓄200万円、65歳男性が語る年金暮らしのリアル

金融庁の報告書を発端に話題となった「老後2000万円問題」など、老後の心配事といえばやはりお金ではないでしょうか。中には、生活保護を検討している人もいるようです。


現役時代にいくら稼ぎ、貯蓄をしておけば安心した暮らしができるのか。All About編集部がインターネット上で実施したアンケート調査から、福岡県在住65歳男性のケースを紹介します。
 

本記事の監修:ファイナンシャルプランナー舟本美子さん(All Aboutガイド)

 

回答者の情報

こちらの男性は、独身で子どもなし。現役時代のピーク年収は40代の頃の900万円で、現在の貯蓄額は200万円。65歳時点の年金額(老齢基礎年金のみ)は月6万3000円。業務委託で働いていたため老齢厚生年金には未加入。個人年金などで老後資金を形成する自分年金はなし。その額には「満足していない」と回答しています。
 

65歳男性の年金平均額は?

厚生労働省が発表している「令和3年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」によると、厚生年金保険(第1号)の平均年金受給額は月額14万5665円。65歳以上男性の平均値を見ると16万9006円。
 

こちらの男性は業務委託で働いていたため、厚生年金には加入していません。しかし、国民年金は20~60歳までの40年間しっかり加入しているため、65歳時点の年金額は月6万3000円です。とはいえ、同年代の厚生年金に加入している男性と比べれば、上乗せとなる老齢厚生年金がないため、もらえる年金は少ないといえそうです。

平均年金受給額
男性の平均年金受給額

 

「自宅はあるが車も所有していて維持費もかなりかかる」

年金額に満足していない理由として「ひと月約6万円では到底生活できない。色々と節約しているが無理である。幸い自宅はあるが車も所有していて維持費もかなりかかる。生活するには車を今のところ手放せない状況で、介護保険料、ガス、水道、通信費などもまかなえる状況ではない」と語る男性。
 

「大病を患らっているので、アルバイトも出来なくて貯蓄を崩してやっと生活をしのいでいる。蓄えがなくなるのも時間の問題で、そうなれば最後の手段である生活保護に頼らざるを得ない」と、生活保護も検討しているようです。

 

「今まで健康診断をほとんど受けてこなかったことが1番悔やまれる」

現役時代の後悔について伺うと「業務委託で働いていたので、厚生年金がなかった。自分でもっと老後の生活を考えて、資産形成や保険をしっかりやっておけば良かったと後悔している」と回想する男性。
 

「健康面においても、今まで健康診断をほとんど受けてこなかったことが1番悔やまれる。もっと早めに検診しておけば早期発見で病気にも対処できて完治の望みもあったかもしれないと思うと悔やまれてならない」と、検診を受けてこなかったことを悔やんでいるそうです。
 

「生活保護の申請をして受給を希望している」

現在の年金暮らしで工夫している節約術を伺うと「携帯料金を見直して、格安スマホに変え通信費を抑えるだけ抑えた。ガス料金の節約のために、ガスは止めてガスコンロを常備して最低限しか使わないようにしている。電気代の節約のために、極力昼間は電灯や照明を全て消して暗い中で生活している。夜もなるべく早く寝て電気を使わないようにして、エアコンもほとんど使わないよう努力している」とのこと。


今後については「少しでも残された人生を人間らしく生き抜くために、生活保護の申請をして受給を希望している。自宅にいながらできるネットビジネスで少しばかりでもいいので生活費のたしになるように、これからパソコンの勉強をしながらやっていくつもりです。そのためにはこれ以上健康を害さないように、また精神的にも負荷がかかり過ぎない様に日々の暮らしをみつめながらやっていくつもりです」と語ってくれました。


※回答者コメントは原文ママです


この記事の筆者:石川 カズキ プロフィール
1984年沖縄県生まれ。筑波大学人間学類卒業後、会社員を経て芸人・作家・コピーライターに。エレキコミック・ラーメンズを輩出した芸能事務所トゥインクル・コーポレーション所属。第60回宣伝会議賞コピーゴールド受賞、LOFT公式YouTubeチャンネル「コントするイシカワくん」シリーズのコント台本・出演、KNBラジオCMコンテスト2020・2023協賛社賞受賞など

この記事の監修者:舟本 美子 プロフィール
3匹の保護猫と暮らすファイナンシャルプランナー。会計事務所、保険代理店や外資系の保険会社で営業職として勤務後、FPとして独立。人と比較しない自分に合ったお金との付き合い方、心豊かに暮らすための情報を発信しています。
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」