月6万5000円の年金で貯蓄ゼロ「スーパーへは行かない」67歳男性が語る年金暮らしのリアル

老後の心配事といえば、やはりお金。現役時代にいくら稼ぎ、貯蓄をしておけば安心した暮らしができるのか。All About編集部が実施したアンケート調査から、北海道在住67歳男性のケースをご紹介します。

67歳男性が語る、年金暮らしのリアル

老後の心配事といえばやはりお金ではないでしょうか。現役時代にいくら稼ぎ、貯蓄をしておけば安心した暮らしができるのか。All About編集部が実施したアンケート調査から、北海道在住67歳男性のケースをご紹介します。

 

回答者の年金額

こちらの男性は、既婚で子どもあり。現役時代のピーク年収は50代の頃の400万円で、現在の貯蓄額はゼロ。67歳時点の年金額(老齢基礎年金、老齢厚生年金、個人年金などの合計)は月6万5000円で、その額には「満足していない」と回答しています。

 

67歳男性の年金平均額は?

厚生労働省「令和3年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」によると、厚生年金保険(第1号)の平均年金受給額は月額14万5665円。65歳以上男性の平均値を見ると16万9006円。67歳時点の年金額である月6万5000円は、平均より少ないといえそうです。

平均年金受給額
男性の平均値

※監修:ファイナンシャルプランナー舟本美子さん(All Aboutガイド)

 

「北海道では灯油が命なので値上がりがきつい」

年金額に満足していない理由として「障害者なので、障害者施設に通ってわずかですが時給を頂き、それを生活費に回しながら生活をしています。昔は農業をしていたので国民年金でした。その後、農業をやめてから会社員になっているので、年金としては少ないと思います。現在の金額では、実際に生活していくことはとても無理です」と語る男性。


「北海道なので冬は暖房用に灯油が必要になりますが、灯油は毎年値上がりして下がるような気配はありません。北海道では灯油は命。そして、広大な北海道では車も必要。公共交通機関も年々減ってきていて、車がなければ、田舎に住むことはできません。それが現実なのです」と、物価上昇による暖房費やガソリン代などの高騰が悩みの種である様子。

 

「脳溢血で半身まひに。ちゃんと病院へ行っていれば」

現役時代の後悔について伺うと「特別これというものはないですが、現役時代に脳溢血で半身まひになり、今は障害者になっているので、ちゃんと病院へ行っていれば……」と回想する男性。現役時代に無理をしてしまったことを後悔しているようです。

 

「買い物をしすぎるからスーパーへは行かない」

現在の年金暮らしで工夫している節約術を伺うと「買い物はほとんどコンビニで、スーパーへは特別なときにしか行きません。スーパーに行くと買物をしすぎてしまうことが多いので、あまり行かないようにしています。1人の生活なら、コンビニの方がよほどいいと思っています。夏の間に冬の灯油代を貯めるようにして、無駄なぜいたくはしないように心がけて生活をしています」とのこと。


アンケートでは既婚子どもありとの回答でしたが、現在では1人暮らし。今後については「1人での生活なので、何でも自分で行わなければなりません。そのことを考えながらの生活をしています。無駄なことを徹底して省いて、少しでもお金を残しておきたいと思います。高齢になると親戚の不幸など付き合いも多くなるので大変なときもありますが、そのためにもお金が必要なので、貯めるようにしています」と語ってくれました。


※回答者コメントは原文ママです


【おすすめ記事】
月15万円の年金で貯蓄ゼロ「結婚後もずっと働いてきたのに……」68歳女性が語る年金暮らしのリアル
年金は月23万円、現役時代のピーク年収1200万円だった69歳男性が語る後悔「若いときの生命保険は……」
月4万円の年金で貯蓄100万円、62歳男性が語る年金暮らしのリアル「熟年離婚もあり得る」
月25万円の年金暮らし、貯蓄約1000万円の60代男性が語る後悔「現役時代にもっと……」
年金は月12万円、貯蓄2500万円だけど「夫が亡くなってから……」70歳女性が語る年金暮らしのリアル

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化