月15万円の年金で貯蓄ゼロ「結婚後もずっと働いてきたのに……」68歳女性が語る年金暮らしのリアル

老後の心配事といえば、やはりお金。現役時代にいくら稼ぎ、貯蓄をしておけば安心した暮らしができるのか。All About編集部が実施したアンケート調査から、兵庫県在住68歳女性のケースをご紹介します。

68歳女性が語る、年金暮らしのリアル(画像はイメージ)

金融庁の報告書に端を発して話題となった「老後2000万円問題」など、老後の心配事といえばやはりお金ではないでしょうか。


現役時代にいくら稼ぎ、貯蓄をしておけば安心した暮らしができるのか。All About編集部が実施したアンケート調査から、兵庫県在住68歳女性のケースを紹介します。
 

回答者の年金額

こちらの女性は既婚で子どもあり。現役時代のピーク年収は200万円だったそうですが、現在の貯蓄額はゼロ。68歳時点の年金額(老齢基礎年金、老齢厚生年金、個人年金などの合計)は月15万円で、その額には「満足していない」と回答しています。
 

68歳女性の年金平均額は?

厚生労働省「令和3年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」によると、厚生年金保険(第1号)の平均年金受給額は月額14万5665円。65歳以上女性の平均値を見ると10万9261円。68歳時点の年金額の月15万円は、平均よりは多いといえそうです。

平均年金受給額
女性の平均値

※監修:ファイナンシャルプランナー舟本美子さん(All Aboutガイド)

 

「少ない年金だけでは生活ができません」

それでも年金額に満足していない理由として「年金をもらう年代になったら楽だと言われて真面目に払ってきました。でも、いざもらい出したら少ない年金だけでは生活ができません」と語る女性。
 

「家で小物作りの内職をしています。若くない主人もいまだ頑張って働いてくれていますが、やはり歳には勝てず、所々悪い所が出てきて病院で検査ばかり。それでも働かないといけないので、仕事には行ってくれているのですが」と、夫婦で支え合いながら暮らしている様子。


「そんなときに年金センターからハガキが来て『年金が少し下がります』と書いてあって、またもらうお金が下がったのかと悲しい限りです」と、年金額が下がる現状につらさを感じているようです。

 

「体調が回復した時期に働いておけばよかった」

現役時代の後悔について伺うと「結婚してからもずっと働いていました。子どもができて少しの間は主婦だけをしていましたが、子どもが大きくなってからはまた働き出して、夫婦ともに頑張って働いてきました。そのおかげで自分たちの家だけは持てました」と回想を始めた女性。


「少し無理をしたせいか、私は胃がんになって胃の手術をしました。それからは働くのをやめて家にいたのですが、今では後悔しています。体も落ち着いていたころ仕事に行っていたら、貯金もできて今の年代になったら少しは楽な生活が送れていたのではと思っています」と、体調が良い時に働いておかなかったことを悔いているようでした。

 

「毎日ポストに入れられるチラシとにらめっこしてます」

現在の年金暮らしで工夫している節約術を伺うと「食材の値上がりもあり、毎日ポストに入れられるチラシとにらめっこして、タイムサービスや掘り出し物を狙って買い物に行っています。これがなかなか節約につながって助かっています。ワゴン売りや見切れ品などもよく利用するようにしています」とのこと。


今後については「もうこれ以上、年金が下がらない事を願うばかりです。そして主人も私も、命が終わるまでピンピンしていてくれることが希望です。主人の病気もこれ以上悪くならないことを毎日願ってます。健康に勝るものはないので、頑張ってこの生活を維持していけたらと。いまも主人が仕事を頂けていること、私も内職の仕事をもらえていることにも感謝しています」と語ってくれました。
 

※回答者コメントは原文ママです


【おすすめ記事】
月4万円の年金で貯蓄100万円、62歳男性が語る年金暮らしのリアル「熟年離婚もあり得る」
年金は月12万円、貯蓄2500万円だけど「夫が亡くなってから……」70歳女性が語る年金暮らしのリアル
月6万5000円の年金で貯蓄ゼロ「スーパーへは行かない」67歳男性が語る年金暮らしのリアル
年金は月23万円、現役時代のピーク年収1200万円だった69歳男性が語る後悔「若いときの生命保険は……」
月25万円の年金暮らし、貯蓄約1000万円の60代男性が語る後悔「現役時代にもっと……」
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」