今、高校生に戻ったら受験したい「東京都の大学」ランキング! 2位「早稲田大学」、1位は?

All About編集部が実施した「東京都の大学」に関するアンケート調査の結果を基に「今、高校生に戻ったら受験したい大学」ランキングを発表します。大人になった今だからこそ思う「受験したい大学」、果たして1位に輝いたのは?(サムネイル画像出典:PIXTA)

早稲田大学(出典:PIXTA)
早稲田大学(出典:PIXTA)

All About編集部は6月6日~19日、全国の10~70代の500人を対象に「東京都の大学」に関するアンケート調査を実施。その結果を基に、「今、高校生に戻ったら受験したい東京都の大学ランキング」を作成しました。
 

この記事ではTOP2に選ばれた大学を発表! 回答者から寄せられたコメントと併せて紹介します。
 

>20位までの全ランキング結果を見る
 

2位:早稲田大学

2位にランクインしたのは、新宿区、中央区などにキャンパスを置く早稲田大学でした。
 

1882年に大隈重信によって創設された「東京専門学校」を前身とする私立大学で、政治経済学部、法学部、文学部、商学部のほか、先進理工学部、基幹理工学部、創造理工学部、スポーツ科学部など合計13学部を設置(2023年6月時点)。留学生の受け入れや学生の海外留学支援にも力を入れており、多様なバックグラウンドを持つ学生が研究に励んでいます。
 

創立140年を超える歴史の中で、多数の研究者や著名人を輩出してきた早稲田大学。芸能界ではタレントのタモリさん、俳優の吉永小百合さん、堺雅人さん、お笑いコンビ「くりぃむしちゅー」の上田晋也さんなども学生時代を過ごしました。2023年4月には俳優の本田望結さんが同大学の社会科学部に入学しています。
 

アンケートでは、「必死に勉強して、有名な大学に通ってみたかったです。講義も楽しそうなイメージがあります(30代女性/千葉県)」「留学生が多く、語学に強くなりそうだから(30代女性/北海道)」「女子生徒の独立心・男女平等感が強そう(50代女性/神奈川県)」「大隈記念講堂の建物を含むキャンパスも歴史を感じ、とても魅力的だと思います(30代女性/和歌山県)」などのコメントが寄せられました。
 

また「早稲田で野球をやりたいから(50代男性/富山県)」「政経で競争政策を勉強したい(40代男性/東京都)」などの声も。卒業生からは「自分が早稲田出身で、早稲田に通って良かったと思っているから(30代女性/大阪府)」という声も上がりました。
 

1位:東京大学

1位に選ばれたのは、文京区、目黒区などにキャンパスを置く東京大学でした。
 

1877年に創設された日本初の国立大学で、法学部、工学部、文学部、理学部のほか、医学部、農学部など合計10学部を設置(2023年6月時点)。入学後2年間は全員が幅広い教養を学ぶ「教養学部」に属し、3年生からそれぞれの学部に分かれて専門的な研究を行います。
 

大学が学生の起業を後押ししており、2022年度までに同大学から誕生したベンチャー企業は累計500社以上。情報通信技術、ヘルスケアなどさまざまな分野でビジネスを創出しています。
 

芸能界ではタレントの菊川怜さん、林修さん、元日本テレビアナウンサーの桝太一さんなどが東大卒として知られているほか、エンタメ業界で活躍する「QuizKnock」代表の伊沢拓司さん、謎解きや脱出ゲームを手掛ける松丸亮吾さんなど、東大出身の若手クリエイターも多数活躍しています。
 

アンケートでは「難関受験に挑んでみたい。学問を真剣にやりたい(40代男性/東京都)」「将来が広がるし、落ちたとしてもチャレンジした自分に自信が残りそう(30代/鳥取県)」などのコメントが寄せられました。
 

また、「ブランド力が最強(40代男性/兵庫県)」「就職活動において有利に進めることができそう(20代男性/東京都)」など、学歴に魅力を感じる人も。そのほか「一番頭が良い人が通っている大学なのでおもしろい友達ができそう(50代女性/東京都)」「生命系・農学系が学べる上位校だから(20代男性/千葉県)」などの声も上がりました。
 

※回答者コメントは原文ママです
 

>20位までの全ランキング結果を見る
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」